TOMBOY RIDER 2018 GW号狎菽璽織奪舛靴胴睫醂郷世忰

せんせー。夏休みに入る前にGW日記は、終わりませんでしたー。

またしばらく更新できなくなりそうなのでGWの続きいっとくー!

 

 

sain26.jpg

 

 

 

 

 


 

TOMBOY RIDER 2018 GW号/和歌山奈良三重の旅

 

1.猝椹悗擦箸蠹渓てГ涼廊

2.犂饑廚離薀ぅ澄偲仂!

3.爐泙困枠咫烏にご挨拶

4.犒野参詣道中辺路

5.狃縦点邁面TOURING!

6.狃縦点鄲雫胸伊TOURING!

7.爐海譴紀伊の山々TOURING!

8.狷畸勠

9.犹綾天野

10.猗瑤喘呂忙弔詁本の伝統

 


 

前回は和歌山県の飛び地、北山村の観光目玉筏下りを眺めて、

この日は高野山に泊まろうかと、昼前に宿探し。

でも、GWまっただ中。ネットでの宿は見つけきれず、

そんなときは観光協会とか案内所に直接電話をしてみようと見つけたのは高野山宿坊協会。

なんと、1件だけ宿坊があいてたという奇跡!

 

では北山村からちょっくら南下してから高野龍神へ向かうとします。

 

 

sain27.jpg

 

 

紀伊の迫力ある山肌を垣間見つつ、

半島にいるわけだからやっぱ突端はおさえとこ。

 

 

sain1.jpg

 

 

熊野灘を左手に南下すると

 

 

sain25.jpg

 

 

sain24.jpg

 

 

奇岩が目立ちはじめる。

 

 

sain23.jpg

 

 

 

テレビでは見たことがある串本町の橋杭岩が現れました。

人がいっぱいなので車窓から(・o・)

 

 

sain22.jpg

 

 

 

20年前のたっせアルバムでも、人いっぱいいるねぇ

 

sain54.jpg

 

sain53.jpg

 

 

 

そしてさらに南下して

 

sain21.jpg

 

 

 

本州の最南端の潮岬にやってきましたー。

 

 

 

sain20.jpg

 

 

 

たっせさんが、あれれ、なんだか雰囲気がちがう。って言ってたけど

写真見たら後ろの建物はなくなってました。

 

 

sain55.jpg

 

 

sain19.jpg

 

sain18.jpg

 

 

潮岬タワーの前は広場です。

 

sain56.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

時はさかのぼり1986年。

私は17歳くらいのころだ(笑)

 

たっせさん、わざわざここにハレー彗星見に来て、、

 

 

曇ってまったく見えなかったという思いで(笑)

 

 

 

さて、たっせさんは制覇済みでも、私は本州の東と北にはタッチしたことがない!

 

× 本州最東端 岩手県宮古市の魹ヶ崎(とどがさき)

 本州最西端 山口県下関市の毘沙ノ鼻(びしゃのはな)

 本州最南端 和歌山県串本町の潮岬(しおのみさき)

× 本州最北端 青森県大間町の大間崎(おおまざき)

 

まあ、、いいんだけど(笑)

 

 

 

 

 

では、串本町の湾岸にこんな怪鳥を見ながら高野山に向かいます。

 

 

sain50.jpg

 

 

紀勢自動車道にのって途中から北上。

 

 

sain12.jpg

 

 

 

このあたりから、龍神龍神って文字が出てきて

 

これが有名な龍神スカイラインにつづくのかー!!!みたいな。

 

 

sain11.jpg

 

 

 

ライダーが好きなスカイラインというカタカナ。

 

冷静沈着な青に反して高揚させる真っ赤な看板は、こりゃぁ・・(笑)

 

sain9.jpg

 

 

sain8.jpg

 

 

 

sain13.jpg

 

 

 

sain6.jpg

 

 

噂はいろいろだけどこの日は、大人走りのツーリングライダーが多かったよ。

 

昼間だし、GWだからかな?

 

 

 

sain5.jpg

 

 

 

 

sain4.jpg

 

 

 

そして、これが関西ライダーのブログとかで見る

龍神! て書いた壁画のところ!

 

 

sain10.jpg

 

 

反対側は道の駅。

 

 

sain17.jpg

 

 

ここから標高をぐんぐんあげます。

 

この峠をこえて高野山に入ります。

 

 

sain30.jpg

 

 

sain29.jpg

 

 

sain28.jpg

 

 

 

なんかタワーが見えてきて、

 

 

 

sain44.jpg

 

 

ごまさんスカイタワーというらしい。

 

 

sain49.jpg

 

 

 

阿蘇でいったら三愛みたいなところ?

 

龍神道の駅よりもこっちにバイクが羽を休めていましたっ。

 

 

2度とのぼらんかもしれないので、

タワーから景色を(*^▽^*)

 

 

 

sain48.jpg

 

 

 

 

 

撮った写真が影で黒くなったので

やりすぎ加工になりましたけどこんな山々の風景だっよ。

 

sain16.jpg

 

 

 

なんでごまさんタワーっていうのかなーと思ったら、

護摩木を積み上げた形。

ジェンガみたいな。

 

sain15.jpg

 

 

 

 

sain45.jpg

 

 

 

涼しくて気持ちがいい♪

ここは和歌山県なんだな〜って改めて思ったりして。

 

 

 

sain47.jpg

 

 

 

 

ごまさんタワーを後にして、

 

龍神スカイラインの偵察?のおまわりさんについてノロノロ峠を下り、

そのまま高野山の宿坊協会へ。

 

私は初の高野山!

 

今夜の宿に、宿坊協会で紹介いただきご縁のあったのは

西国薬師霊場の第十一番の礼所「高室院」です。

 

 

 

sain66.jpg

 

sain43.jpg

 

sain42.jpg

 

 

高野町のど真ん中に位置して、次の日の高野山巡りにはもってこいの場所でもありました。

 

さて、宿坊、、と聞いてちょっとドキドキしています。

何かの修行にでも入る気持ち。

見えない何かのまなざしを感じつつ(笑)

寺務所で受付したあとは作務衣の修行僧の案内でお部屋へ。

 

 

sain14.jpg

 

 

sain31.jpg

 

 

宿坊なのでなにも求めていなかっただけに、

ふすまで仕切られただけとはいえ、掃除の行き届いたお部屋とテレビもあった(・o・)

 

 

sain46.jpg

 

 

 

食事の間にお布団も敷かれるし、旅館のようです。

共同のお風呂や洗面所の説明と、散策のアドバイスもいただいて

 

sain41.jpg

 

 

 

おやつ(*'▽')

 

sain40.jpg

 

いろいろ気負ってたんですけどねー

 

恐る恐るビールとかお酒とか(←いつも質問役はわたしww) ・・ないですよねぇ〜

あるわけないよね宿坊だもの修行だもの! ←実はよくわかってないがw

 

ところが弘法大師様はとってもおおらか?

 

「お酒もビールもありますよ♪」

 

 

 

いいんだww

 

 

 

 

sain33.jpg

 

sain32.jpg

 

 

次の日の高野山めぐりの計画をたてつつ、

「ごはんですよ」の放送があったので決められたお座敷へ。

 

一番のり(^^;)。

 

 

sain36.jpg

 

 

おっぉー  朱色のお膳が・・・

 

金をあしらった鶴の襖。

そのうち今夜の宿泊者もしずしずと集まる。

 

 

sain35.jpg

 

 

ごはんは自分でよそいにいきます。

 

お大師様の目の前で!

 

 

 

sain39.jpg

 

 

見渡しても我が家だけにビールとおちゃけが( ;∀;)

 

 

sain38.jpg

 

 

まわりの人の「え゛!いいの!」な熱い視線(爆)

 

そして、たっせさんにもってこいの精進料理です。

少しずつのおかずと思うでしょー 私たちこれでおなかいっぱい!

てか、タケノコごはんがとってもおいしくて、おかわりに通いました。

天ぷらには、あの黒いのシイタケかと思ったら干し柿でした!

干し柿の天ぷらなんてはじめてで、干し柿大好きな私は今年の冬に絶対するんだーと思ってる。

 

 

sain37.jpg

 

長寿のお箸もいただいて、大満足です。

 

よく、外国人だらけというけれど、この日はみんな日本の方々だし、

いろんなおどろき体験や修行の話が聞けて面白かった。

熊野古道を踏破中の若い女性も。

 

 

 

 

 

で、、

 

 

お風呂に入ったらもうやることないので早々に就寝。

 

 

 

sain34.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

おはよーございます(・∀・)!!!!!

 

 

 

 

6時からの朝のお勤めに出たあとは、

7時から朝ごはんです。

もりもりいただきまして、今日も歩きます。

 

 

 

 

このマップの赤丸が私たちの泊まった宿坊なので、散策しながら大門までいって、

大門から右端の高野山奥の院まで寄り道しながら向かいます。

 

 

sain65.jpg

 

 

ここからは、ちょいちょぃ世間では当たり前の認識のこと書くかもしれないけど、

どっちかいうと自分ちのご先祖様信仰できた私は、

言葉は知っていたとしても恥ずかしながら日本史の学もないので

えっそこ!? みたいなこというけど生暖かくみまもってください(・∀・;)←先に言っておこー

 

 

 

さて、高室院からてくてく歩きます。

 

まず、びっくりしたのは、このメイン道路って龍神スカイラインにつながる主要道路?

厳かな宿坊の中に飛ばしてはないみたいだけど、早朝ライダーの底から響くバリバリ音が(笑)

 

しかしすがすがしい朝でした。

空気がキンとしてるここは高野山は「高野山」という山はなくて。

 

 

sain64.jpg

 

 

 

和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた

標高約800mの平坦地を指す。ふむふむ。

 

 

朝の光にシャクナゲが美しい!

 

sain63.jpg

 

 

 

最初に来たのは、高野山真言宗の総本山金剛峯寺。

 

 

 

sain85.jpg

 

 

 

この門にきて、たっせさんが両サイド枝垂桜満開の時の写真を見せてくれた。

 

 

 

sain87.jpg

 

sain86.jpg

 

 

いいですね〜 今年もこのように咲いたんだろうなー

 

 

 

 

 

sain59.jpg

 

 

 

弘法大師が開創したときには、高野山全体のことを金剛峯寺と呼んでいたそうな。

 

 

 

sain60.jpg

 

 

 

↓屋根の上に桶があります。

 

sain88.jpg

 

 

 

昔のスプリンクラーです(*'▽')

正しくは天水桶とゆー

 

sain89.jpg

 

 

 

 

 

sain61.jpg

 

 

 

sain52.jpg

 

 

 

 

 

 

sain62.jpg

 

 

説明はここ http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/

 

 

 

 

青紅葉を愛でながらの散歩♪

 

sain84.jpg

 

sain83.jpg

 

 

 

そして壇上伽藍(だんじょうがらん)という地域へ。

 

弘法大師が高野山へ開創したとき、真っ先に整備をしたという場所です。

私たち、裏から入った予感ですがww

 

 

sain51.jpg

 

 

 

 

 

sain70.jpg

 

 

sain69.jpg

 

 

 

 

 

 

sain71.jpg

 

 

sain82.jpg

 

 

sain68.jpg

 

 

そして根本大塔。

この日は金堂がイベントのため入れないので、

根本大塔は無料で見学できました。

 

真言密教の根本道場におけるシンボルとして建てられたものです。

中に入ると16本の巨大な柱が圧巻だった。

 

 

sain81.jpg

 

 

青空に朱が映えてひときわ目立つ!

 

 

 

sain79.jpg

 

 

 

そして金堂。

高野山の主な行事はここで行われるとのことでした。

この日、大きな垂れ幕に結縁灌頂と書かれて、見学はできなかったけど

あとで調べたら年に2回だけある儀式を受けられる日だったみたいです。

 

 

sain80.jpg

 

 

結縁灌頂、調べてなるほどと思ったのだけど、

前夜に食事の時に前の人が体験されたというあの儀式か。

 

仏様と縁を結べるというこの儀式の内容は、きいたところだと

目隠しをして僧侶についていき、何か唱えながら僧侶の合図で葉っぱを落とすと・・・・

 

これ以上は秘儀らしく(調べたらでてくるけどね)

彼女曰く、最後に鏡で自分の顔を見て何を思うか。

 

でも、1時間半ほど続く儀式の間、何がって線香がきつすぎて煙たくて死にそうだった(笑)

って(^^;)

 

そんな体験ができる日だったんだってー

 

sain67.jpg

 

 

 

 

そしてすぐ下にある中門です。

ひときわ鮮やかだと思ったら、平成27年で開創1200年ということで、

天保の大火災とかで焼かれて無くしてた中門を記念に再建したそうです。

 

 

sain72.jpg

 

 

 

※持国天像・多聞天像・広目天像・増長天像の四天王がまつられています。

なお、持国天像と多聞天(毘沙門天)像は二天門であった先の中門に安置されていた像で、

類焼をまぬがれてこの度保存修理が完成しました。

広目天像・増長天像は現代の大仏師松本明慶師の手により新造されたものです。の説明。

 

像の色で新調されたかどうかわかります。

 

 

sain78.jpg

 

sain77.jpg

 

 

こちら、胸にトンボ。

 

 

 

 

sain76.jpg

 

sain75.jpg

 

 

セミ。

 

虫も生き物大事にってことなのかな?

 

 

 

 

sain74.jpg

 

sain73.jpg

 

 

ふう。ここまででも頭がパンクしそうになってるけど、

まだスタート地点にはついてない(・o・)

 

 

 

 

 

そこからさらに歩いて、あの向こうに見えてきました!

 

 

 

 

sain91.jpg

 

 

 

こちらが高野山の総門だー(*'▽')!!!!

 

sain90.jpg

 

 

 

つづく!

 

 

 

 

 

 


 

TOMBOY RIDER 2018 GW号/和歌山奈良三重の旅

 

1.猝椹悗擦箸蠹渓てГ涼廊

2.犂饑廚離薀ぅ澄偲仂!

3.爐泙困枠咫烏にご挨拶

4.犒野参詣道中辺路

5.狃縦点邁面TOURING!

6.狃縦点鄲雫胸伊TOURING!

7.爐海譴紀伊の山々TOURING!

8.狷畸勠

9.犹綾天野

10.猗瑤喘呂忙弔詁本の伝統

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 16:57 | comments(7) | - | pookmark |
定番パトロール阿蘇TOURING!

 

 

まだ心は5月(笑)

 

Yanoさんと霧のミヤマキリシマの次の日、

なんだったのってくらい阿蘇日和よ(≧◇≦)/ ワハハハ

 

 

ほな走ろう。  幸せの黄色い電車がプォッ♪

 

uray7.jpg

 

 

 

 

途中で、今日の仏法僧は何をしてるのかと思ったら、

ムクドリと縄張り争いに勤しんでいました。

 

 

uray6.jpg

 

 

 

uray58113.jpg

 

 

 

ふと見ると熟した桑の実がいっぱい!

甘い!

 

uray5.jpg

 

ぶちぶちちぎって食べた。 手〜 まっくろになるでー

 

 

 

 

この日はロックンロードの途中から林道つないで男池経由だよ。

 

 

uray3.jpg

 

 

 

 

uray4.jpg

 

 

この赤文字が気持ちいい。

 

はい! 火の用心!

 

そして林道の途中には牧場や池も発見♪

 

 

uray2.jpg

 

 

uray1.jpg

 

 

 

なんにもいなかったけど、

 

ぐねぐね抜けると

 

 

 

uray36.jpg

 

 

 

 

あ゛〜! ここは化石が掘れるとこや!

 

 

uray35.jpg

 

 

uray13.jpg

 

 

涼しくなったら化石ほりにいこーって、

仲間たちのうち興味ある人は数名やったけど(笑)

私はほりたくてしょうがないwww

 

 

 

uray34.jpg

 

 

そして、白水鉱泉の天然炭酸でのどを潤す。

 

 

uray33.jpg

 

 

持ち帰りは有料だけど

500mlのペットボトルなら一人1本無料です。

 

 

この日は久住もミヤマキリシマでにぎわっているようで

男池の駐車場はあふれかえってました。

そこはスルーしてやまなみに出ます。

 

 

uray24.jpg

 

 

 

ギャオ〜!!! 緑のシャワー!

 

uray23.jpg

 

 

 

 

 

uray22.jpg

 

 

 

 

やまなみに出ると、多くのライダーが山に吸い寄せられていた 笑

 

 

uray20.jpg

 

 

 

 

最初の直線からこんなにみえるくらい空気が澄んでるのも珍しい。

 

uray21.jpg

 

 

 

 

わかっていても、どんなにメジャーになっても

寄りたいところ。

 

 

 

uray58112.jpg

 

 

uray19.jpg

 

 

uray18.jpg

 

 

uray17.jpg

 

 

 

uray15.jpg

 

 

 

uray16.jpg

 

 

 

uray14.jpg

 

 

 

 

そいで見た目のまんま、 バック。

 

 

uray58111.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地熱はぶりぶり。

 

 

uray515.jpg

 

 

uray9.jpg

 

 

 

 

 

ちょっと目にいい草原へ♪

 

 

 

uray12.jpg

 

 

 

ゲートの開いてるときは、バイクはここまで。

 

uray41.jpg

 

 

 

プチ登山としよう♪

 

 

uray58103.jpg

 

 

 

uray32.jpg

 

 

 

丘をのぼった裏庭は?

 

 

 

uray31.jpg

 

すり鉢絨毯(*^▽^*)!

ここも登山コースになっています。

 

 

 

 

気持ちはわかるが、草滑りは禁止だよ。

 

 

uray58110.jpg

 

 

 

 

 

 

uray58102.jpg

 

 

uray58101.jpg

 

 

 

のぼりつめると由布岳も!

 

 

uray28.jpg

 

 

 

uray30.jpg

 

 

 

↓あの遠くに見えるメサ台地の山は

昨日のぼった玖珠の万年山です。

 

 

uray58100.jpg

 

 

ほんと横に長いな。

 

 

uray29.jpg

 

 

 

 

 

uray5897.jpg

 

 

 

おっ、なんとなく山頂ごっこ。

 

uray5899.jpg

 

 

 

 

 

 

 

uray5896.jpg

 

 

 

uray5893.jpg

 

 

 

ちょっとでも、高いとこ最高〜!!!!!!!

 

 

空も最高〜!!!

 

 

uray46.jpg

 

 

 

 

 

 

 

こんな場所が好きなのは、少女のころに見てた大草原の小さな家のせいだよねー

 

ちゃーんちゃんちゃんちゃーん♪ ちゃんちゃんちゃーん♪ ←わからんのぉぉ( ;∀;)コレコレ???

 

 

 

 

 

 

 

 

uray5892.jpg

 

 

 

 

 

uray5895.jpg

 

 

あのころとは違う足腰ww

 

 

 

 

uray5891.jpg

 

 

 

 

それにしてもここは、

 

uray44.jpg

 

 

 

 

どこの惑星でしょうか(Y▽Y*)♪♪

 

 

uray42.jpg

 

 

 

もうどこにも行かなくてもいいワ。

 

 

 

uray43.jpg

 

 

 

 

ってくらい気持ちがいい場所。

 

 

こんな場所も

 

 

おんせん県(; ・`д・´)♪

 

 

uray40.jpg

 

 

uray39.jpg

 

 

uray38.jpg

 

 

uray37.jpg

 

 

 

もうやまなみには出なくて黒川まで。

 

裏道つなげばカボス城から信号3個で辻野茶屋までいける気がする。

 

 

 

uray514.jpg

 

 

 

なにこれ廃墟?

 

uray513.jpg

 

 

 

いまは立ち入れないすずめの地獄を通過して

 

 

uray512.jpg

 

 

uray51.jpg

 

 

 

 

筑後川源流の展望台でちらちら見えてた涅槃像をちゃんと見る。

 

 

uray50.jpg

 

 

uray49.jpg

 

 

uray48.jpg

 

 

 

uray5890.jpg

↖見てないやん               

 

 

uray47.jpg

 

 

 

 

それからさらに林道で黒川に。

 

 

 

uray525.jpg

 

 

 

辻野茶屋を旧道から眺めて下ると

 

 

uray526.jpg

 

 

 

 

ちろっと見えた動物を

 

2度見してしまった(; ・`д・´)

 

uray527.jpg

 

 

太った犬か豚か、いや羊。

 

 

羊だ

 

 

おもうけど、

 

しっぽふってるよ?

 

 

 

uray528.jpg

 

 

 

 

あれ(◎_◎;)?? 羊ってこんなしっぽあったっけ???

 

 

 

しかもむちゃくちゃ長いしっぽ、、あったっけー????

 

羊の絵、かいてみ? しっぽ描く?

 

 

 

uray529.jpg

 

 

 

 

 

頭が謎なまま、

 

辻野茶屋に到着!

 

 

 

uray524.jpg

 

幻の辻茶ステッカーはってます(笑) ↑

 

 

 

ここでランチを、、とのぞいてみると、外にはバイクバイクバイクで案の定満員だ(≧◇≦)

犯人はこーじくん軍団やったー!

ちょいちょい会う(笑)

 

 

uray523.jpg

 

 

今日はゆずってあげよう!

 

 

 

 

で、ランチ難民の私たちはおなかすいてるので、すぐ近くのイタリアンにきてみたよ。

 

 

uray522.jpg

 

 

uray518.jpg

 

 

こんなかわいい窯でピザ焼いてくれます。

 

 

uray521.jpg

 

 

 

テラス席のロケーションもばっちりで

 

 

uray519.jpg

 

 

uray520.jpg

 

 

 

ピザとパスタとジンジャーで満腹!

おいしかった♪

 

 

 

 

 

 

午後は久しぶりのマゼノミステリーロード。

 

ここから空がすごく印象的に♪

 

 

 

 

uray539.jpg

 

 

uray538.jpg

 

 

uray537.jpg

 

 

 

 

北山過ぎて、阿蘇のカルデラを眺めてみる。

 

 

uray531.jpg

 

 

 

 

う〜ん♪いいね♪

 

 

uray535.jpg

 

 

 

 

 

uray536.jpg

 

 

 

 

 

uray5888.jpg

 

 

 

 

パッチワークは初夏のカラートーン。

 

 

uray533.jpg

 

 

 

 

 

この日はみんな空を見て走ってるかな〜

 

 

uray530.jpg

 

 

 

 

 

uray545.jpg

 

 

 

 

 

uray544.jpg

 

 

 

 

uray543.jpg

 

 

 

 

 

 

uray542.jpg

 

 

 

 

uray541.jpg

 

 

 

57号つっきって、パノラマロードをあがる。

 

思ったより気温あがらなかったので、

1日山々は遠くまで見える日だったよ。

 

 

uray540.jpg

 

 

 

 

 

uray558.jpg

 

 

uray557.jpg

 

 

uray556.jpg

 

 

 

米塚も抹茶色になったね〜♪

 

 

uray554.jpg

 

 

 

 

uray553.jpg

 

 

 

 

 

 

uray582.jpg

 

 

uray581.jpg

 

 

 

上からもながめて、

 

 

振り返ると烏帽子岳もミヤマキリシマが満開。

 

 

 

uray580.jpg

 

 

uray5887.jpg

 

 

 

 

 

 

uray586.jpg

 

 

 

 

uray552.jpg

 

 

 

烏帽子岳がこんなに赤くなってるのははじめて見た。

まあ、昔は花よりセンターラインしか見てなかったから気づかなかっただけかも( ;∀;)

 

 

 

 

 

uray584.jpg

 

 

uray585.jpg

 

 

uray583.jpg

 

 

 

 

 

uray574.jpg

 

 

 

 

uray548.jpg

 

 

 

 

 

uray575.jpg

 

 

 

 

 

uray573.jpg

 

 

 

 

 

山頂には寄らず、阿蘇ごえします。

 

 

 

 

 

uray571.jpg

 

 

uray570.jpg

 

 

uray568.jpg

 

 

uray567.jpg

 

 

 

 

バイクで霧の日も走ったね。強風も。土砂降りも。

暗い雨の中でライトが切れた仲間をハイビームで照らしながら走ったことも。

独りでバイク倒して、草むらから出てきたおじさんが助けてくれて反対側に倒されたことも(笑)

シートの下から煙が出て助けを呼んだことも。

横から突っ込まれてガッシャーッ!!! 救急車で運ばれたことも(;´・ω・)

 

阿蘇ってそんなとこ(爆)

 

 

 

 

uray566.jpg

 

 

uray565.jpg

 

 

uray563.jpg

 

uray562.jpg

 

 

 

 

 

 

ここもおさえておかなくては!

 

 

 

uray559.jpg

 

 

 

uray561.jpg

 

 

 

千畳敷が映える時。

 

 

uray560.jpg

 

 

 

何回来てもぞくぞくするー!

 

 

 

uray576.jpg

 

 

 

さて、このままケニーでコーヒー飲んで帰るのだけど、

 

そこでまたたっせさんが道を発見。

 

 

 

uray578.jpg

 

 

 

なんと、阿蘇山頂から信号ゼロで

ケニーズカフェに行けるのだ!

 

私たちどんだけ信号嫌いなん(;・∀・)

 

 

 

uray579.jpg

 

 

 

根子岳がー

 

立ちはだかりー

 

 

uray577.jpg

 

 

 

 

 

秘密基地到着(・∀・)/

 

 

 

 

 

 

uray58122.jpg

 

 

uray58121.jpg

 

 

 

ケニーズカフェから我が家まで60kmなんだけど、

竹田の信号があるんよねぇ・・・

 

これをなんとかしたいけど

60km以上の距離になるのはあれだよね。

 

 

 

 

uray58120.jpg

 

 

 

というわけで、九州の一番のツーリングシーズンにははずせない

バイク天国阿蘇定番パトロールからただいま♪

 

 

 

uray58119.jpg

 

 

 

二人の頭は結局信号のことばかりだったわ 笑

 

 

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 10:52 | comments(6) | - | pookmark |
TOMBOY RIDER 2018 GW号犹綾天野

hanai1.jpg

 

 

那智のあと、山山山だったので今度は海に出ます。

熊野浦の七里御浜に沿って北上しました。

海は、真っ白でなにも見えませんでしたが、那智勝浦とか

聞いたことのある地名が出てくる。

 

そして午後の部の一つ目は

日本書紀に記されている日本最古の神社といわれている

花窟神社(はなのいわやじんじゃ)です。

詳しいことは→http://www.hananoiwaya.jp/

 

 

hanai12.jpg

 

hanai11.jpg

 

 

なにやら、大きな岩からの網かけ神事というものがあるらしい。

 

 

hanai10.jpg

 

 

hanai5.jpg

 

 

 

 

 

 

hanai9.jpg

 

 

ツアーの皆さんの間をかいくぐると

奥にご神体の巨岩が見えました。

 

 

hanai8.jpg

 

 

hanai7.jpg

 

 

hanai6.jpg

 

 

 

調べると、この岩は陰陽石でこの岩が「陰石」で「陽石」はどれかとおもったら

朝見たゴトビキ岩のことでしたよ。

 

 

 

hanai4.jpg

 

 

hanai3.jpg

 

 

hanai2.jpg

 

 

 

ここも世界遺産。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この岩も世界遺産(; ・`д・´)/

 

 

 

 

hanai20.jpg

 

 

 

 

 

 

 

どこかで見た?

 

 

 

 

 

 

hanai19.jpg

 

 

関西のライダーさんにはおなじみなのね(*´▽`*)

 

 

 

 

hanai18.jpg

 

 

晴れてたらすごくきれいな海なんだって!

 

 

 

hanai17.jpg

 

 

 

最初、この岩が世界遺産て・・・・

 

確かによく見たら複雑な形なんだけど

どこかでも見かけるかなーとか思って(笑) ゴメンナサイw

 

 

hanai16.jpg

 

 

 

天気のせいだよね( ;∀;)

 

 

もう少し北上します。

 

今年は杖立のこいのぼりは見なかったから

ダダーッと並んだこいのぼり見て

こういう一直線もありか! と、、

 

 

hanai15.jpg

 

 

 

みごとにメザシだけどw

 

 

hanai14.jpg

 

 

 

そして、鬼ヶ島?? 自動的に鬼ヶ島と読んでたけど

 

鬼ケ城!

 

 

hanai13.jpg

 

 

 

 

 

今日は通行可って書いてたけど、

どういう意味かな。

 

 

駐車場から遊歩道を歩いてるよ。

 

 

 

 

hanai38.jpg

 

hanai26.jpg

 

 

 

この先に、熊野の自然が作り出した荒々しい彫刻美が。

 

 

 

 

hanai25.jpg

 

 

hanai24.jpg

 

 

hanai23.jpg

 

 

ただただ、圧倒!

 

その規模の大きさには声もでん!

 

 

 

 

hanai22.jpg

 

 

 

赤い傘は、、折り畳みモンベル2号ですw

 

 

 

hanai21.jpg

 

 

 

そしてさらに歩くと、

 

断崖絶壁のこの風景。

 

 

 

hanai33.jpg

 

 

 

遠くに散歩してる人いるー!

 

これは通行可の意味がわかった。

雨だけど風はないしね。

 

ただ、足元のつるつるが危険だ。

 

 

hanai31.jpg

 

 

hanai30.jpg

 

 

 

行けるとこまでとおもったけど、

たっせさんにちょっと先までいってもらう。

 

けっこうこわいんだもん!

 

 

 

hanai29.jpg

 

 

hanai28.jpg

 

 

 

カメラの設定が蛍光灯になってたけど

なんかかっこよくてこのまま撮る。

 

 

 

hanai27.jpg

 

 

 

hanai39.jpg

 

 

hanai35.jpg

 

 

hanai34.jpg

 

 

 

 

 

いや、ほんと雨でよかったかも!!!!!!!

 

 

 

 

hanai37.jpg

 

 

 

鬼ヶ島じゃなくて鬼ケ城!

 

もちろん、伝説もあります。詳しくは↓

 

http://onigajyo.mie.jp/onigajyo.html

 

 

 

 

 

さて、日本では10番目くらいに世界遺産に登録された

「紀伊山地の霊場と参詣道」にどっぷり浸かったあとは、

 

大好きな棚田に向かいます♪

 

 

丸山せんまいだーーーーーーーーーー

 

 

 

 

丸山せんまいだーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

丸山せんまいだーーーーーーーーーー♪

 

 

 

hanai41.jpg

 

hanai42.jpg

 

 

てか、紀州犬のふるさと。

私を噛んだのは秋田犬w

 

 

 

 

千枚田、けっこう山奥みたいで、

 

 

hanai40.jpg

 

 

 

楽しいぐねぐね続きますけど、

ちょっと霧が心配(笑)

 

hanai452.jpg

 

hanai47.jpg

 

 

 

まじで、間近の木々のむこうが白いから、

展望所にきたときにはもうこんなんで( ;∀;)

 

 

 

hanai456.jpg

 

 

 

 

いや全貌みえないけど

ほんと有名だから、見えないだけにものすごい規模みたいに見えるから!

すごい!!!

 

フィリピンの世界遺産コルディレラの棚田みたいにみえるー!!!!!

 

 

hanai450.jpg

 

 

 

 

hanai49.jpg

 

 

 

霧きたー!!!

 

軽トラもきたーーー!!!

 

 

 

hanai453.jpg

 

 

 

 

 

hanai451.jpg

 

 

 

 

 

hanai48.jpg

 

 

 

 

ものの3分で、真っ白になりましたとさ(笑)

 

 

 

 

ああ、、すごい。。

ここはすごいわー

 

標高は700メートルを超えて、

明治30年ごろには2500枚くらいあったらしいよ(*ノωノ)

 

 

hanai46.jpg

 

 

いまも、千枚田にはじず、1300枚以上あるという。

 

視界クリアだったらどんなんかー!とグルグルアースで見てみたら、

 

すっげwww

 

 

 

 

 

次は晴れた日にって、そうそう行けないので、

カボス城の裏山の風景を大事にするとしよう(;^ω^)

 

 

もうね、夕方です。

 

今夜、どこ泊まろwwwwww

 

 

と走りながら

 

hanai45.jpg

 

hanai44.jpg

 

 

 

なんとなく、忘れられない北山村方面へ(;・∀・)

 

雨だしテントはるのはなーーーーー

 

 

 

hanai43.jpg

 

 

 

hanai455.jpg

 

 

 

そして、

 

 

 

またまた上瀞橋にきてしもーたのだ。

 

 

 

hanai454.jpg

 

 

もうこの霧に浮かぶ上瀞橋を見たら

そこで眠りたいと思った二人はGWというのに奇跡的に一つだけあいてた

「おくとろ公園キャンプ場」のバンガローでゆっくりできたのでした♪

 

 

 

キャンプ場の隣は道の駅で温泉付きだし夕食バイキングもあったし、

ほんといい! 飛び地北山村♪

 

しかし、外は土砂降りです(;´・ω・)

 

 

つっづくー!

 

 

 

 


 

 

TOMBOY RIDER 2018 GW号/和歌山奈良三重の旅

 

1.猝椹悗擦箸蠹渓てГ涼廊

2.犂饑廚離薀ぅ澄偲仂!

3.爐泙困枠咫烏にご挨拶

4.犒野参詣道中辺路

5.狃縦点邁面TOURING!

6.狃縦点鄲雫胸伊TOURING!

7.爐海譴紀伊の山々TOURING!

8.狷畸勠

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 23:05 | comments(4) | - | pookmark |
TOMBOY RIDER 2018 GW号狷畸勠

 

nar132.jpg

 

熊野本宮詣や熊野古道〜十津川北山ツーリングで3泊お世話になった

渡瀬みどりの広場キャンプ場 から撤収です。

 

この日から雨予報なのでポツポツくる前に片付けだ。

 

 

nar131.jpg

 

 

 

バイクサイトもいっぱいでしたよ。みなさんもぼちぼち移動。

 

nar130.jpg

 

 

nar129.jpg

 

 

 

温泉近いしフラットだし、居心地のいいところでした。

2台とも積んで出発です(*^▽^*)

 

 

nar123.jpg

 

 

 

 

 

 

熊野三山、一番最初に本宮大社に行ったので、この日は熊野速玉大社と

あの那智の滝がある熊野那智大社へ詣でるよ。(↓黄色い範囲)

 

 

nar133.jpg

 

 

神仏習合! 過去・現在・未来を救済するという霊場をめぐります。

 

未来も救済してほしいww

 

 

その前に、神倉神社という速玉大社の摂社から。

もう雨ふってきたので、久しぶりに赤い傘シリーズ復活! ←シリーズやったっけw

 

 

nar12.jpg

 

 

nar6.jpg

 

神倉神社は、熊野大神が熊野三山として祀られる以前に

一番最初に降臨された聖地と言われている神社。

創建は神代ともいわれているここに神降臨!な場所ですが、

山上へは源頼朝が寄進したという石段538段をのぼっていかなくてはなりません( ;∀;)。。

 

 

もう、朝から修行ww

 

 

nar21.jpg

 

 

雨の日とかめっちゃあぶねーって書いてあるわ。

 

 

 

 

nar4.jpg

 

 

 

朝から入れ替わり立ち代わり参拝の方。

それくらいの何かが、somethingがあるんだ!

 

 

nar5.jpg

 

 

 

そこで参拝なのかとおもったけど

 

 

 

nar20.jpg

 

 

 

山上まで行けない方のためにここを遥拝所にしているんだね。

鳥居のむこうにちらっと石段が見えてるけどいきなり急じゃないですかー?

 

 

nar3.jpg

 

 

 

こ、これが538段のスタート(; ・`д・´)

 

nar10.jpg

 

 

 

新宮市の文化財にもなってます。

初めては、やっぱりのぼらなくちゃね!

 

 

nar22.jpg

 

 

nar2.jpg

 

 

 

 

 

なんかのぼりか下りかわからないような写真だけど、

傘を杖にのぼるよ(笑)

 

 

nar1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

nar19.jpg

 

 

 

ここ、まだ階段がなかったころはどーしてたんだ(;・∀・)??

 

 

 

nar9.jpg

 

 

 

どこまでーつづくんかなー

 

まだかなー

 

 

 

nar8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

まだやな(・0・)

 

 

nar7.jpg

 

 

 

最初から数えとけばよかったー

 

なんか無限に感じるww

 

実は標高120メートルという低い山だけど、

ほぼ直角にのぼってくってことか。

 

ランダムな石の配置の石段。

 

 

nar18.jpg

 

 

 

 

しばらくしたら、ちょっと緩やかになってきた。

 

あとは散歩のように歩く感じで

 

 

 

 

nar17.jpg

 

nar16.jpg

 

 

 

拝殿がみえてきたよ。

 

巨大な一枚岩だ!

 

 

nar15.jpg

 

 

 

 

拝殿に覆いかぶさるように、

ゴトビキ岩と呼ばれてる巨岩が。

 

 

nar24.jpg

 

 

 

新宮の方言で、ヒキガエルをゴトビキというのだとか。

カエルの化身、、ですか?

 

 

 

 

 

nar14.jpg

 

 

 

 

 

拝殿からの眺め。

 

 

nar13.jpg

 

 

 

 

でも、山上がこんな一枚岩でおおわれてるんなんてすごいなーっ

 

 

nar23].jpg

 

 

 

下りは、、あの庄内の熊群神社の下りのように

私は後ろ向きになっておりていきました( ;∀;)

 

 

 

nar122.jpg

 

ひざが、カクカクww

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

この日の2社目は熊野速玉神社

 

 

nar42.jpg

 

 

こちら、明治に打ち上げ花火が原因で一度社殿が全焼しているらしい。

 

 

 

 

nar28.jpg

 

 

 

 

ご神木はなぎです。

 

ここのは樹齢800年て書いてました。りっぱだった。

 

nar27.jpg

 

 

 

葉っぱを横にちぎることができないことから

縁が切れないとか、強いとか、いろいろ込められて神社ではよく見かける木だねっ。

 

 

 

nar26.jpg

 

 

 

そして雨だけど朱色でまぶしい本殿へ!

 

 

nar29.jpg

 

 

 

nar30.jpg

 

 

nar31.jpg

 

nar32.jpg

 

 

 

 

nar34.jpg

 

 

順番をきいてひとつひとつに祈ります。

 

今度はサングラスのためではなく、

世界平和(*^▽^*) とかとかとかとか!

 

 

nar39.jpg

 

 

nar44.jpg

 

 

 

なんていうか、この旅は最後までそうだったんだけど

万物を受け入れるという広〜い心を感じました。

 

「この速玉大社も熊野の神にお仕えする私達の祖先は、

たとえ参詣者のわらじが雨で濡れていてもそのまま温かく拝殿に迎え入れました。」>とサイトより。

 

 

 

nar43.jpg

 

 

苦しい旅の (私なんかほんのちびっと階段のぼっただけですけど( ;∀;)) あと、

蘇って生きる力を再び受け取れる!

 

もうすぐ生誕半世紀の私には

次の半世紀にワクワクできるようになってきたよ〜♪

 

 

nar33.jpg

 

 

 

とおもったら、おなかすいた(笑)

 

朝はカバンの中でぺちゃんこになってたパンをほうばっただけだったので

朝からめはり寿司探し。

 

 

nar40.jpg

 

 

朝10時とともにのれんが出で、なんか用事で出ていこうとしてたご主人さんつかまえて

めはり寿司作ってもらったよ(*'▽')/

ありがとうございます!

 

 

nar121.jpg

 

nar120.jpg

 

 

甘辛いお醤油によく浸かった高菜に巻き巻き♪

 

それをほおばって、ちらっと見えた神倉神社に見守られ

 

 

nar41.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ついに那智!

 

 

那智!    熊野那智大社!

 

 

nar38.jpg

 

 

 

雨が、ひどくなってきたww

 

九十九折れをあがってゆきます。

 

 

nar37.jpg

 

 

 

この時、一瞬那智の滝が見えてキャーキャー(≧◇≦)

 

 

 

nar36.jpg

 

 

 

駐車場は、下の方では有料なんだけど

あがっていくと「なんでもいいからお土産買ってくれたら無料」ってとこがいっぱいあってね

どうせお昼も食べるからここに入れてもらったよ。

 

滝の見える食堂です。見えんけどw

 

 

nar35.jpg

 

 

nar25.jpg

 

 

たっせさんは懐かしがりながら歩いてます。

 

私は先に訪れた父や姉からもたっぷり話を聞いていたので

私もやっと来れた嬉しさ♪

 

 

nar56.jpg

 

 

那智山参道の入口です。

 

約20年前とほぼかわってないみたいだよ。

 

nar55.jpg

 

 

 

途中にはお土産屋さんが立ち並びますが、

どこもこの石を売ってる。

 

 

nar49.jpg

 

那智黒石って、囲碁の黒い碁石はこれだってぇぇ

 

黒糖の那智黒飴、これだ(笑)

 

 

 

 

そして行った気になれるスポット。

 

 

nar45.jpg

 

 

 

参道の階段を郵便屋さんが駆け上っていく。

毎日毎日、雨でもここまであがってくるのかな(;'∀')・・・

ほんと、郵便屋さんてすごいな・・・

 

 

nar48.jpg

 

 

 

 

 

那智大社の御祭神はこちらです。

 

 

nar47.jpg

 

 

 

 

一の鳥居です。

霧がかってるおかげで神秘的!

 

 

nar50.jpg

 

nar46.jpg

 

 

 

 

あの日の、たっせさんは(≧◇≦)↓

 

nar52.jpg

 

まだ世界遺産ではないころだ。

 

 

2004年に紀伊山地の霊場と参詣道として世界遺産に登録。

 

nar51.jpg

 

 

 

 

さらに一歩一歩すすみます。

 

ちょっと、霧が深く( ;∀;)・・・滝見えんかったらどーしよー

 

 

 

nar62.jpg

 

 

 

 

見上げると、楠。その枝ぶりがスゴイ!

 

nar61.jpg

 

 

 

 

そして威風堂々たる狛犬。

 

 

nar68.jpg

 

nar67.jpg

 

 

nar57.jpg

 

 

 

いよいよ那智のご拝殿!

 

 

 

 

 

 

テレビや写真で何度も見た那智のご拝殿は、

 

 

 

 

 

なぜかベールに包まれる(爆)

 

 

 

 

nar66.jpg

 

 

んー、創建1700年の那智大社ですが

拝殿ができたのが1941年とのことだけど、老朽化で改修中でした(;'∀')

 

 

nar65.jpg

 

 

 

 

 

たっせphotoによるとこんなかんじです。

 

 

 

nar81.jpg

 

 

でも、残念がることはない!

 

ここはあくまでも、那智の滝の飛龍神社の拝殿とのこと。

あとで神様がいらっしゃるとこまで行くからね〜(*'▽')

 

 

 

 

 

 

nar64.jpg

 

 

nar63.jpg

 

 

ここで身を清める。

 

 

 

nar74.jpg

 

nar73.jpg

 

 

 

 

そして、実はここが八咫烏の本拠地!

 

 

 

 

nar69.jpg

 

 

 

神が遣わした太陽の化身!?ともいわれ

勝利の神様ともいわれ、

導きの神ともいわれ、

そのいわれの数はありとあらゆる・・・という

とってもあやかりたい三本足のカラス。

 

サッカー日本代表も導いてください!

 

 

nar71.jpg

 

nar70.jpg

 

 

 

 

 

nar75.jpg

 

 

 

これを書いてる今日はバリウム飲んで下剤飲んでおなかが痛いので

どうか、、パワーを(T▽T)

 

 

 

nar82.jpg

 

 

 

 

 

 

 

nar72.jpg

 

 

樹齢800年の那智の楠。

 

人がくぐれるよ。

祈願有料です。

 

 

nar89.jpg

 

 

 

 

 

新緑なんだろうけど、これはこれで幽玄な雰囲気。

 

 

nar90.jpg

 

 

 

 

拝殿の奥には那智山青岸渡寺。

 

ここもベールをかぶっておられるww

 

 

nar83.jpg

 

 

ここは西国三十三ヶ所第一番札所。

 

えー!一番なんや!一番!て、、、

 

よく聞く四国八十八ヶ所とか、九州八十八ケ所とか、九州西国三十三ケ所とかとか

なんかぜんぶごっちゃになってましたー(≧◇≦)/

 

こまかいことがわからないんだけど、

軽く言えばスタンプラリーみたいなものでしょうか(ごめんなさい)

なんかいろいろ巡礼のルールもあるみたいだけど

そういうのにはまったく無頓着だったのでちょっと勉強になりました(;'∀')

 

 

 

nar88.jpg

 

 

 

本堂は1590年に豊臣秀吉が再建したものらしく

中に入ると香りも一層深いかんじ。

 

nar87.jpg

 

 

 

 

全貌はたっせさんの写真から。

 

 

nar79.jpg

 

 

 

 

 

さて!  この先に!

 

 

あのよく見る那智の滝と三重塔がセットのエリア!

 

 

 

 

 

 

霧キタ━━━━(。A。)━━━━!!!!!!

 

 

 

 

 

 

nar86.jpg

 

 

 

神様一瞬だけでもー!

 

 

 

見せてくれてありがとうございます( ;∀;)

ほんの、一瞬で

 

 

nar101.jpg

 

 

 

 

nar85.jpg

 

 

 

あれよあれよと雲隠れ。

 

 

 

 

nar84.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとはこんなんでー

 

 

nar77.jpg

 

 

 

 

nar94.jpg

 

 

 

日本三大名瀑といえば!

 

華厳の滝に、那智の滝に、袋田の滝といわれている。

華厳の滝は行ったからこれで二つ目!

 

 

 

nar76.jpg

 

 

 

 

 

nar97.jpg

 

 

 

ここももちろん熊野古道が通っています。

 

 

nar93.jpg

 

 

同じところね(爆)

 

nar78.jpg

 

 

 

 

 

でも、たっせさんは那智の滝の飛龍神社には行ってないってー!

 

では行こう。神様のおひざ元まで♪

 

 

nar92.jpg

 

 

 

 

目の前まで行けば見れるだろうと信じて

歩きます。

 

むちゃくちゃ降ってるので、足元の石段が滑って危ないw

 

nar91.jpg

 

 

 

りっぱな杉の並木が続く。

 

 

赤い傘がアクセント♪

 

 

nar96.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

nar106.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ひときわ幹回りのでかーい杉!

 

 

 

nar105.jpg

 

 

nar95.jpg

 

 

 

 

そして飛龍神社の入り口です。

 

 

 

 

nar100.jpg

 

 

nar103.jpg

 

 

 

 

 

 

 

nar104.jpg

 

 

 

そして参道を下っていくと、

 

霧の中にも那智の名瀑、、よかったみえた!

 

 

nar99.jpg

 

 

 

 

 

 

nar107.jpg

 

 

 

 

この滝そのものが那智の本殿のようなものなのであります。

 

 

nar114.jpg

 

 

nar113.jpg

 

 

 

落差は133m。

 

霧で滝の口が見えず、まるで天から落ちてきてるように見える!

 

 

nar116.jpg

 

 

ゴーゴーというより静かだったよ。

 

 

 

そして、ほんの少しだけ上がみえた。

 

 

nar108.jpg

 

 

と思ったら、あっというまにまた霧の中。

 

どんどん霧がおりてくるー!!

 

 

nar115.jpg

 

 

 

 

 

nar109.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そして、撮った1枚に神様が見えた(≧◇≦) ってことに。

 

↓笑ってない?? (*'▽')

 

nar111.jpg

 

 

 

やがて、霧がおりてきて、

ほんとに見えなくなりました。

ぎりぎりで拝めてよかったです!

 

 

nar110.jpg

 

 

 

 

 

 

那智の滝の上はどうなってるのかとグルグルで見てみたら、

ほんとに神の領域みたいな緑だったわ。

 

 

nar102.jpg

 

 

 

 

 

nar118.jpg

 

 

 

念願の、那智滝にこれてほんとによかった!

 

いつか晴れた日に、次もおいでと言われてるような気がした。

 

 

nar128.jpg

 

 

nar127.jpg

 

 

nar126.jpg

 

 

 

 

 

 

もう13時。駐車したお土産屋さんでお蕎麦です。

 

 

nar125.jpg

 

 

 

私たちと同じ席で、おばあちゃまがお土産の小袋を作りながら

そろばんで計算してるよ。御年96歳!

 

 

nar124.jpg

 

 

まーだまだ現役で!

 

みんな元気な長生きさんに巡り合える旅にもなってるみたいだ。

 

那智はこの旅で来なくてはいけなかったところ。

よかった(´∀`*)ノシ

 

 

 

午後につづく↓

TOMBOY RIDER 2018 GW号犹綾天野

 

 

 

 

 

 

 

あ゛、そうそう・・・

お蕎麦をいただいたあと、

二人仲良く赤い傘と黒い傘、、、

お店に忘れてきてしまいましたとさ( ;∀;)。

 

 

私の赤い傘は、2012年に道後温泉で買ったマドンナの傘(´;ω;`)。。

湯の中で泳ぐべからず

 

 

 

 

 


 

 

 

TOMBOY RIDER 2018 GW号

 

1.猝椹悗擦箸蠹渓てГ涼廊

2.犂饑廚離薀ぅ澄偲仂!

3.爐泙困枠咫烏にご挨拶

4.犒野参詣道中辺路

5.狃縦点邁面TOURING!

6.狃縦点鄲雫胸伊TOURING!

7.爐海譴紀伊の山々TOURING!

 

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 19:37 | comments(2) | - | pookmark |
TOMBOY RIDER 2018 GW号爐海譴紀伊の山々TOURING!

oodai6.jpg

 

 

あれあれあれあれ、なんていい道・・・

 

あの頃俺はどんだけの山奥を隼で ぶーっとばし

走ったというのか。

 

 

前回までの TOMBOY RIDER 2018 GW号狃縦点鄲雫胸伊TOURING!でも

高速に乗っちゃってんじゃ?と勘違いするほどの七色高架橋。

 

 

 

 

 

 

谷瀬の吊り橋のあともこんな道。

 

 

oodai76.jpg

 

 

 

どうも、俺がこない間にドカーンとバイパスが開通してる?

 

 

 

oodai75.jpg

 

 

 

調べてみると2000年ごろたっせさんがここらへんを走った後から

どんどん工事が進んで、

つい今年の3月に、和歌山県新宮市から奈良県五條市までの南北を

一般国道168号五條宮道路として全線130kmができあがったばかりやったん(*'▽')/

 

目的地をはやくつないでくれるにはとてもいいよね!

走るバイク間違えたかなとおもったりしたけど

 

 

oodai74.jpg

 

 

 

きれいな川を見ながらここからまた秘境に入っていくよ〜

 

 

 

oodai73.jpg

 

 

 

しかし、、よくあの上に人が住んでいるわ。。

 

 

oodai72.jpg

 

 

 

このあたりはまったく写真がありません。

 

バイパスからそれて県道53号に入ると道幅もぐぐーっと狭くなって

砂も浮いてるような1車線をたっせさん容赦なくごりごりいくよ〜

 

 

1枚だけ清流撮って

 

oodai71.jpg

 

 

 

 

みたらい渓谷から3桁国道309へ。

 

半酷道みたいだけど標高があがっていってるかんじ♪

 

そして標高1000mをこえると峠にきましたよ〜♪

大好きな「峠」。

 

ここは奈良の吉野と熊野三山を結ぶ修験道の修行場として開かれて

道熊野古道の中でも最もつらいルートらしい。

 

 

oodai5.jpg

 

 

その名も大峯奥駈道

 

おおみねおくがけみち。名前からして修行ってかんじ。

 

 

こっち側は奈良県吉野郡天川村です。

いいひびきだな〜♪

 

 

oodai70.jpg

 

 

そして行者もかえりたくなっちゃうトンネル?

行者還トンネルは、照明なし!

 

たっせさんが言うには、昔はもっと簡素なつくりだったような・・・とのことだけど

冬季は閉鎖のためにシャッターとかバリケードとかできたんかな?

 

 

 

oodai69.jpg

 

 

 

独りだと心細くなりそうな暗黒トンネルをぬけまーす。

 

 

 

oodai68.jpg

 

 

 

oodai67.jpg

 

 

 

 

そして出た側は上北山村!

 

出ると3桁国道ぶりぶりの切り替えしがつづく。

すっげー楽しいwww

 

 

oodai66.jpg

 

 

 

 

 

 

oodai65.jpg

 

 

oodai26.jpg

 

 

 

途中で写真を撮ってる人がいたので便乗して

深い谷を撮っておいた。

 

 

 

 

 

 

かえって調べたらナメゴ谷という谷の山の稜線だけ

ふちどられた風景だよ。

 

 

 

 

 

山肌は針葉樹で、稜線が広葉樹・・・なんと、

 

春には、、この稜線に桜が咲いて

まるでピンクの龍が天に昇っていってるような光景になるって(; ・`д・´)!!!!ヨ!

 

 

 

 

だれか、行ってほしい(≧◇≦)!!!

 

もちろん紅葉も素晴らしいってよ!

 

だれかー!

 

 

 

 

 

 

その後、九州でいえば椎葉とか五木村の峠のごとく

県309→国169→さらに県40大台ケ原ドライブウェイを走りこみ

標高は1500M以上となった大台ケ原山の駐車場へ。

 

 

 

 

oodai4.jpg

 

 

 

ここも、たっせさん思い出の地なのでありました(*'▽')

 

 

 

 

 

40分も歩けば展望できるらしいけど、

途中も十分眺められたので登山口の入口だけ。

 

 

oodai63.jpg

 

 

 

ほらぁぁぁぁぁ( ;∀;)・・・熊いるんやよー

 

 

oodai64.jpg

 

 

 

大台ケ原山は日本百名山でもある奈良と三重の県境にある

標高1695Mの山です!

 

ていうか、紀伊山地って、はじめて見る私にはぜんぶ同じ高さの山脈にみえて

特徴を把握できずどれがどれかわかりませんw

 

 

ただ、ここは日本でも有数の雨降り山だとか。

こんないい天気にこれるなんて♪もってる二人!

 

 

oodai61.jpg

 

 

茶屋の猪カバ重がとっても気になりつつ

下山する。

 

 

oodai62.jpg

 

 

 

 

ビジターセンター前にバカンスを楽しむバイクたち。

 

 

oodai60.jpg

 

 

 

 

Vスト250が間にいるよ♪

 

 

oodai59.jpg

 

 

この旅で3台くらい見た(*‘∀‘)/

一つ目小僧の嘴はやっぱかっこイイな〜

 

 

 

ここで夕方4時前になってるけど、

下りにゆっくり紀伊山地を眺めます。

 

 

oodai18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

稜線の美しさに、しばし時間を止めました。

 

 

oodai19.jpg

 

 

 

 

 

 

oodai21.jpg

 

 

 

 

 

九州で、こんなにこんなにこんなにこんなにこんなにこんなに

果てしなく、しかも迫った山々のグラデーションを見ようと思っても

なかなかないんじゃないかな!

 

 

 

 

oodai24.jpg

 

 

 

(後日、この風景が懐かしく、山深さに浸りたくて五木村にいくわけですが←ほんと、私たち夫婦は深山が好きw)

 

 

 

oodai25.jpg

 

 

 

もう、ほんとにすごいんよ!

 

カメラではとれないけど、老眼でもいまだ視力は2.0以上の私には

もっともっと遠くまで見えてるんだからー

 

 

oodai22.jpg

 

 

 

 

 

 

oodai23.jpg

 

 

 

わぁ〜ぃ山桜が残ってる!

 

ここは桜の季節にはどんなふうになってるんだろう( ;∀;)。

 

 

oodai20.jpg

 

 

 

走れど走れど、こんな景色が見れる大台ケ原、

素晴らしいです!

 

 

 

oodai2.jpg

 

 

oodai1.jpg

 

 

 

oodai58.jpg

 

 

oodai56.jpg

 

 

 

そろそろ時間も下がるから

ほんとに下山だよ〜

 

 

 

oodai57.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

oodai55.jpg

 

 

 

萌黄色にひたる。

 

 

 

oodai54.jpg

 

 

oodai53.jpg

 

 

 

oodai52.jpg

 

 

 

 

 

そして、突然ダッシュwww

 

 

 

 

 

oodai51.jpg

 

 

oodai50.jpg

 

 

 

カメラぶらんぶらんしてしまってるけどww

 

 

 

oodai49.jpg

 

 

 

ここが大台ケ原の入口だったねー

 

 

oodai48.jpg

 

 

 

 

ここから国道169を快走し

 

 

奈良から

 

 

 

oodai89.jpg

 

 

 

三重に入ったり

 

 

oodai88.jpg

 

 

え、奈良?

 

 

 

 

 

 

 

oodai90.jpg

 

 

 

和歌山??

 

 

 

oodai87.jpg

 

 

 

ちょっと頭が奈良三重和歌山ぐちゃぐちゃになりながら(*´▽`*)

 

 

 

 

oodai85.jpg

 

oodai84.jpg

 

 

 

「おくとろ」ってとこに突入しました!

 

そう!!!!!!

 

 

ここが!!!!!

 

 

私が行きたかった村だー!!!!

 

 

 

oodai98.jpg

 

ここは日本唯一の「飛び地」の村

 

北山村です。

 

実はこの村は和歌山県なのだけど

隣接してるのは奈良と三重。

 

他の和歌山のみんなはどこいったー!!!!ってかんじww

 

 

詳しくは次の日も来ることになるのでまたその時にでも('◇')ゞ

 

 

 

 

 

でねっ

 

 

 

 

 

最後に寄ってもらったのがこの橋です。

 

 

oodai83.jpg

 

 

 

1トン以下の乗り物なら通れる吊り橋渡るよー

 

 

oodai82.jpg

 

 

 

ここは、和歌山県と三重県の県境の橋

 

上瀞橋

 

むずかしい字だなぁぁ・・・

かみどろばしだって。

あれドロって読めんかったw

 

 

 

oodai81.jpg

 

 

 

 

 

 

たっせさん三重県!   私和歌山県(笑)

 

 

 

 

 

oodai80.jpg

 

 

oodai17.jpg

 

 

 

 

私も三重県いく〜

 

 

oodai16.jpg

 

 

 

oodai15.jpg

 

 

 

この鉄の吊り橋もかっこいいんだが

 

 

 

oodai14.jpg

 

 

 

 

 

 

oodai79.jpg

 

 

oodai78.jpg

 

 

 

oodai30.jpg

 

 

 

 

 

 

 

oodai33.jpg

 

 

 

 

真下はすけすけで気持ちがいいし

 

 

 

 

oodai39.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんといっても、この鏡面ヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

 

 

oodai37.jpg

 

 

 

 

 

 

ほんとは反転www

 

 

 

 

 

 

oodai38.jpg

 

 

 

北山川、、美しいな〜

 

 

 

 

oodai42.jpg

 

 

oodai34.jpg

 

 

 

 

 

 

するとたっせさんが何かに気づいたぞ。

 

 

 

 

 

ooda40.jpg

 

 

 

下みてん!

 

 

 

oodai40.jpg

 

 

 

 

 

あ゛ーっ なんか面白い!

 

 

oodai7.jpg

 

 

 

oodai8.jpg

 

 

 

 

 

私ものぞいてみると、

 

いるいる!

 

 

 

 

 

 

oodai41.jpg

 

 

oodai36.jpg

 

 

 

 

 

 

 

しかし、老眼で写ってるのかがわからない( ;∀;)

 

 

 

 

 

途中からしゃがんでるのがきつくなって、

 

こういうわけに(;^ω^)

 

 

oodai12.jpg

 

 

集中しています。

 

とっても集中しています。

 

 

 

 

 

 

oodai13.jpg

 

 

 

 

すると、お散歩中の奥様たちが、

 

 

「おーい、お布団でもいるかーい??」って(笑)

 

 

 

 

oodai11.jpg

 

 

わぁ! こんにちは!!

 

 

「私たち毎日散歩してるんだけど、疲れて寝てるんかと思った(笑)」って、

 

毎日ここを散歩〜!!!!

 

うらやましい・・・

 

 

 

 

oodai10.jpg

 

 

 

 

こういう、村人とのふれあいが旅のだいご味ですね♪

 

 

 

 

写真は、こんなのが撮れてました(*^▽^*)!

 

トラ子のおなか♪

 

 

 

oodai32.jpg

 

 

 

oodai31.jpg

 

 

 

そんなこんなあそんでたら、

 

山に日が沈むところだった。

 

 

oodai9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

oodai46.jpg

 

 

 

山に沈むから赤くはならないけど

ここはちょーど和歌山の夕日朝日百選に選ばれてるらしい。

 

 

 

夕日側。

 

oodai47.jpg

 

 

 

朝日側。

 

oodai45.jpg

 

 

どっちも見たい気持ちにかられる。

 

 

 

 

oodai44.jpg

 

 

 

おくとろでは日が沈んでしまったけど

 

また和歌山〜三重〜奈良〜と快走して

熊野までもどります。

 

 

しかし、この169号もいちいちバイクを止めたくなる景色がつづく。

 

 

oodai106.jpg

 

 

面白い地形の瀞峡(どろきょう)!

 

 

oodai107.jpg

 

 

 

 

朝からおなかいっぱい遊んで最後にこの景色!

 

最高のルートだった!

 

 

oodai103.jpg

 

 

 

oodai104.jpg

 

 

 

oodai105.jpg

 

 

oodai111.jpg

 

 

その後も爆走して熊野の本宮付近にきたころ

 

 

 

oodai96.jpg

 

 

oodai95.jpg

 

 

 

また夕日をみて、おなかがすいたことに気づく。

 

 

oodai94.jpg

 

 

 

この日はキャンプ場にもどる前に夕飯にしました。

 

見渡すと、和歌山ラーメンという看板。

二人とも、ラーメンにうえていたのですぐ決めた!

 

 

oodai29.jpg

 

 

 

oodai93.jpg

 

 

 

普段は私はラーメンでおなかいっぱいだけど、

この日はもりもり!

 

しかもラーメンもチャーハンも、熊野餃子も超うっまー!!!!!

 

 

oodai28.jpg

 

 

まじで!

 

 

 

 

 

oodai92.jpg

 

 

oodai91.jpg

 

 

 

昨日11km歩いて、

今日も1日走って、

温泉のあとはビール飲んだらさっさと寝たよ(笑)

 

 

 

 

2018GWの和歌山旅、唯一バイクおろして走った1日だったけど

九州では久住阿蘇の気に入ったおなじところばっかり走る私たち。

このコースはそんなリストに入れ込みたいTOURINGになったよ!

(いつでもいけないけど( ;∀;))

 

 

 

 

1.狃縦点邁面TOURING!

2.狃縦点鄲雫胸伊TOURING!

 

 

 

 

 

近くにこんな川ないかな〜・・・

 

 

oodai97.jpg

 

 

 

 

次の日は雨だったので、

バイクはしまって観光です(*^▽^*)/

ぼちぼちつづくでー

TOMBOY RIDER 2018 GW号狷畸勠

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 13:56 | comments(5) | - | pookmark |
TOMBOY RIDER 2018 GW号狃縦点鄲雫胸伊TOURING!

nar38.jpg

 

 

どもぞー。 こんな感じで、幅いっぱい使って車があがってくるので、

城壁にぴょこって足つくのもいいカモ(*ノωノ)♪

 

おっきいバイクやなくてよかったぁぁ・・と思った瞬間←ここは運ですw

 

TOMBOY RIDER 2018 GW号狃縦点邁面TOURING!

 

熊野古道小辺路の果無集落に後ろ髪をひかれつつ

 

 

 

 

気持ちよく奈良県吉野郡の十津川村を走っています。

 

吉野の桜は桜谷があるのでそんなに行きたいと思ったことはないけど

過去に奈良は修学旅行とか、伊勢にいくときに通過した程度だったので

しょっぱなの果無からもうご機嫌です♪

 

 

そして吊り橋発見!

 

 

 

nar12.jpg

 

 

この柳本橋も熊野古道小辺路。

これわたって果無へむかいます。

 

 

nar37.jpg

 

 

 

 

 

nar14.jpg

 

 

 

ここで、折り返す!

 

 

 

nar65.jpg

 

 

ぜんぜん進んでないやん。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの先に面白い橋があるからね〜♪

 

 

nar36.jpg

 

 

 

 

 

 

ちょうど一人渡ってるみたいだから眺めてみるよ。

 

 

 

人力ロープウェイ「野猿」

 

 

nar7819.jpg

 

 

のざるではないのよ(笑)

 

 

nar9.jpg

 

 

昔はこれが村人たちの生活の足で、あちこちにあったらしいけど

今はこの野猿を観光用にのこしてくれています。

 

 

しかも、とくに管理人もいなくて

山の中に放置してくれていて自己責任です(笑)

 

 

nar7820.jpg

 

 

先客の方、

実は川の真ん中付近からまったく動かないんです(;・∀・)

 

心配になって声をかけたら、、

力尽きて休み休みでないと戻れなくなっちゃって(;´Д`)・・・

 

 

 

 

 

の、、一言におびえる私たちw

 

 

nar3.jpg

 

 

 

だったら、たっせさんから行ってみて!

 

 

 

 

このロックをバーから離すと

 

nar7817.jpg

 

 

 

 

シャーーーーンwwwww

 

 

nar7816.jpg

 

 

 

声にならない声を発しながら飛び出していったで(笑)

 

 

それでもすぐにスピードはおちて

半分くらいまでロープをたぐりよせながら楽々すすむたっせさん。

 

 

 

nar7818.jpg

 

 

 

 

 

なんか、   シュールww

 

 

 

nar7815.jpg

 

 

 

 

ポツン(笑)

 

nar7814.jpg

 

 

 

 

 

とりあえず対岸まで行ってみるようだ。

 

 

nar11.jpg

 

 

 

 

 

 

nar10.jpg

 

 

 

眺めもよくて気持ちいいだろうなー♪

 

 

 

nar7813.jpg

 

 

 

でも、たくさんの荷物はのらなそう。

 

 

 

nar67.jpg

 

 

 

しばし、かたまってる(笑)

 

 

 

nar7.jpg

 

 

nar6.jpg

 

 

 

さっきの人は途中で引き返したから体の向きもかえてなかったから

きつかったのかな・・・

 

たっせさんもぞもぞと身体のむきをかえてもどってきました(;・∀・)

 

 

 

nar5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

nar68.jpg

 

 

 

 

空を箱が飛んでくる〜♪

 

 

たのしそー(≧◇≦)!!!!!!!

 

 

 

 

nar71.jpg

 

 

 

 

と、思いきや

 

 

 

nar69.jpg

 

 

 

 

 

 

ズームで顔をのぞいてみると

 

 

 

nar70.jpg

 

 

 

必死(爆)

 

 

 

 

真ん中からのぼりになってて

大汗w

 

 

nar17.jpg

 

 

 

 

しかも最後の方で、手をはなしたら戻る? みたいな(笑)

 

 

 

 

がんばれー( ;∀;)!!!!!!

 

それをひっかけるまでが戦いだ!!!!

(手伝わんのかーぃww)

 

 

nar16.jpg

 

 

 

ぜぇぜぇいってるし(;^ω^)

 

 

 

nar15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

nar4.jpg

 

 

感想は

 

「空と清流の空中散歩♪ なんてゆうちょうなものぢゃないわ( ;∀;)」 とのことです(笑)

 

 

野猿は、体力に自信がある人どーーーぞ!!!!

 

 

 

 

 

さて、ちょっと体力も使ったので

道の駅でおやつ。

 

 

 

nar35.jpg

 

 

nar34.jpg

 

 

nar32.jpg

 

 

 

道の駅十津川の郷に立ち寄ります。

 

足湯とかあるよー

 

 

nar1.jpg

 

 

 

ああぁ゛!! せんとくんの本拠地奈良やった! と改めて気づく。

 

 

nar2.jpg

 

 

 

そしてここにきてよく目にする

 

「めはり寿司」の看板。

 

 

nar26.jpg

 

 

めはり寿司ってなんだろうと思ったら

一言でいうと 高菜にぎり です♪

 

 

 

nar31.jpg

 

 

 

旅人もいっぱいいて、出発するときに手をふってくれるよ。

オートバイっていいな〜な瞬間です。

 

 

nar61.jpg

 

 

 

 

ここからさらにディープな十津川♪

 

 

 

 

nar30.jpg

 

 

 

緑もディーーープ!

 

 

nar29.jpg

 

 

 

橋もディーーープ!

 

 

nar28.jpg

 

 

 

 

 

 

nar27.jpg

 

 

 

 

道々が楽しくてしょうがない。

 

 

 

 

nar25.jpg

 

 

 

しかも道がよすぎ。

 

 

 

nar24.jpg

 

 

 

巨大な水路橋もくぐって走る走る。

 

 

 

nar23.jpg

 

 

 

nar22.jpg

 

 

 

その先は

 

 

 

nar21.jpg

 

 

 

風屋ダムで、大放水中だったー!

 

 

 

 

nar790.jpg

 

 

nar42.jpg

 

 

 

ちょっと離れてるのに

轟音がもっすごい!

 

 

nar72.jpg

 

 

 

 

ダム湖のワインディングをぐいぐいすすむ。

 

 

 

nar20.jpg

 

 

nar19.jpg

 

 

 

 

 

 

nar18.jpg

 

 

 

 

 

 

たまに秘境感のある道があって

車が離合にてまどって一寸ずりも。

 

 

 

 

nar43.jpg

 

 

 

 

 

それでも緑を眺めながら快走を続けて

 

さらにある吊り橋にやってきました!

 

 

 

 

nar7801.jpg

 

 

 

 

ここもはずさないたっせさん!!!!

 

 

 

nar41.jpg

 

 

看板より目がいきそうな外国の方がおられますがw

 

 

 

ここで思い出のたっせさん♪

 

 

nar48.jpg

 

 

1999年隼で分割日本一周中にここにも来てたのであります。

 

 

19年後は少しちがう?

 

 

nar7800.jpg

 

 

 

 

 

これぞ、、正真正銘のスリル満点の谷瀬の吊り橋を紹介します。

 

 

長さは297メートル高さ54メートル!

 

 

nar40.jpg

 

 

 

 

そしてここも無料です。

 

 

 

nar795.jpg

 

 

 

一度に20人以上は渡れませんと書いている。

 

 

この橋渡ったらランチにしよう!!!

 

ってことで、行きますw

 

 

nar789.jpg

 

 

 

 

今日は風もないし、そんなにゆれないと思ったら、

 

 

なんぢゃこの横揺れは(; ・`д・´)!

 

 

 

nar64.jpg

 

 

 

みんな静かに歩けぇぇい!

 

 

 

 

 

ちょっとだけパニクってて、

首からのカメラで撮ればいいものをなぜかスマホで撮ったりしてる。

あぶないのに(笑)

 

 

 

 

 

 

nar47.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実は前回たっせさんがこの橋にきたときは

この網すらなかったー!!!!って話( ;∀;)

 

 

 

nar46.jpg

 

 

この網は、携帯の時代になってから落とす人が増えてつけたんだって(◎_◎;)

 

 

 

 

nar45.jpg

 

 

 

 

 

 

nar60.jpg

 

 

 

やっとまん中へんにきて、余裕がでてきたころに

 

 

nar59.jpg

 

 

 

また人がくると揺れるからwww

 

のくりかえし。

 

 

 

nar58.jpg

 

 

 

すれちがうときの

 

すみませんすみませんが面白い(笑)

 

 

nar57.jpg

 

 

 

 

 

 

みんな、前から人がきてほしくないのだ(笑)

 

 

nar56.jpg

 

 

 

オロロロwww

 

 

nar55.jpg

 

 

 

 

すると遠くで

 

 

「キャー!」とか

 

 

 

「うっそーー!!」

 

 

 

って声が聞こえてきたと

 

おもったら(≧◇≦)!!!!

 

 

 

 

 

 

nar54.jpg

 

 

 

 

 

ちょっ、 まってまってまって(汗)

 

 

 

 

 

 

nar53.jpg

 

 

 

 

もう、網んとこ乗ってよけるしかないやん(笑)

 

 

 

 

nar52.jpg

 

 

 

 

すれ違って、うしろみたら、

 

そこには

 

 

 

 

nar44.jpg

 

 

やるな・・・SUZUKI・・・

 

てかそこ突っ込むところやなくて!

びっくりしたぁぁぁ( ;∀;)・・・まじですか・・・

 

 

 

おじさん無表情で、(・.・)スンスンスーン♪

 

 

 

 

 

実はあのおじさんは、対岸の畑に通ってる地元の人なんだと。

 

そのあたりの話を、渡った先にある茶屋で

聞くことができました(*'▽')

 

 

 

nar63.jpg

 

 

 

無事、渡り終え(いやもどらんといかんけど)

 

 

きのこうどんたべよー

 

 

 

nar77.jpg

 

 

 

私は鮎もたべよー(*´з`)♪♪ウマー

 

 

nar51.jpg

 

 

 

茶屋のおじぃさんに、「いまね! シニアカーでわたりよった!!」って言ったら

 

「そうよ! 畑があるからね♪ 日常よ〜カブも走るしねー

でも事故なんておこったことはないよ〜」

 

「でもってこの橋はぼくらがお金出し合って作ったんよ!」

 

 

えぇ゛!

 

 

昭和29年の戦後の復興期に、 洪水のたびに丸木橋が流されるので
谷瀬集落の人々1戸当たり20〜30万円という大金を出し合って、

当時としてはむちゃくちゃ思い切って800万円もの大つり橋を村の協力を得て完成させた!


当時の教員の初任給が7800円だと。
私財を投じた先人たち、助け合って心が豊な時代だったと。。
しかも 今ではみんなに無料で!

 

涙がでそうだよぉぉ( ;∀;)・・・すごいだ・・・

 

 

その橋を眺めながら鮎たべた。。

 

 

nar75.jpg

 

 

 

 

 

 

そして、眺めてるのがとっても楽しい吊り橋(笑)

 

nar76.jpg

 

 

 

nar74.jpg

 

 

 

 

 

 

nar73.jpg

 

 

 

谷瀬の吊り橋、いまでは日本一ではないけれど

村人が作った人道生活道路としては、日本一だと思います!

 

 

 

nar39.jpg

 

 

 

 

では、、人がほとんどいないときを狙ってもどります(笑)

 

 

nar50.jpg

 

 

nar49.jpg

 

 

 

 

 

駐車場には、

 

今朝お会いしたばかりのカツさんモデルのポスターが♪

 

 

 

 

 

nar7803.jpg

 

 

 

nar794.jpg

 

 

 

カツさぁぁ〜ん( ;∀;)・・・ここでも逢えてうれしいよぉぉ♪

 

 

 

 

 

 

 

さて、次はどこに行くのか

まったく知らされず、さらに奥地へ走りだしました。

 

 

nar793.jpg

 

 

 

 

 

nar792.jpg

 

 

 

 

 

 

nar7811.jpg

 

 

 

十津川村橋三昧!!!

 

 

 

 

和歌山奈良の旅は当分続きますw

 

 

 

 

 

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 20:19 | comments(6) | - | pookmark |
TOMBOY RIDER 2018 GW号狃縦点邁面TOURING!

 

TOMBOY RIDER 2018 GW号犒野参詣道中辺路

 

熊野古道中辺路を、ほとんどのぼりの11kmを逆詣した次の日。

 

 

 

 

hqte1.jpg

 

 

 

 

目覚ましより先にキジの声で起きました(笑)

 

 

朝ごはんはまたまた朝カレー。

普段朝からカレーなんて食べられないけど、

キャンプの時はなぜか朝からおいしいく感じる。

 

 

hqte61.jpg

 

 

 

この日はチビバイクの出番でーす(*'▽')/

 

 

 

hqte60.jpg

 

 

ふむふむ。 走るべき、道を走りますヽ(・∀・ )ノ

 

どんなルートかはたっせさんにおまかせだけど、

私が小耳にはさんでおいたスポットの百倍くらいうれしい場所に連れて行ってくれました!

 

 

 

 

 

ほな行くよ(≧◇≦)/

 

 

 

hqte59.jpg

 

 

 

7:00am。

 

熊野のGWは朝から初夏を思わせる陽気。

この日は暑くなりそうでメッシュだよ。

 

 

 

 

 

 

何度も見てる熊野川沿いを十津川村方面に走っています。

 

 

 

 

hqte58.jpg

 

 

 

熊野本宮大社におはよーございます!

 

 

hqte57.jpg

 

 

 

 

 

hqte56.jpg

 

 

 

 

相変わらず広い河原の熊野川を横目に快走快走!

 

 

 

hqte55.jpg

 

 

 

ていうか、もう最初に書いておくけれど、

たっせさんの昔走った記憶と、険しい険しい紀伊山地という私のイメージが強すぎて、

こんなにデカバイクで走りたくなる道が続くとは想像もしてなかった(゚∀゚ )

どんなとこと思ってたんかいwww

 

 

 

hqte54.jpg

 

 

 

間違って高速に乗ってね(T▽T)???って錯覚おこすくらいのバイパス。

 

 

 

hqte53.jpg

 

 

 

 

ふと見ると、熊野川がシンとしてるー!!!

 

 

 

 

hqte52.jpg

 

 

 

 

 

 

hqte49.jpg

 

 

 

hqte51.jpg

 

 

 

hqte50.jpg

 

 

ここは、まだまだ記憶に新しい2011年の台風12号で大水害がありました。

廃村となって住民たちが解散せざるを得なくなった地区もあります。

 

走ってるだけでは、みじんも感じないくらいの情景静かな川にみえるんだけどね(;´Д`)

 

 

hqte48.jpg

 

 

hqte47.jpg

 

 

 

しばらく走って、「七色」という看板。

 

 

 

hqte74.jpg

 

 

七色だなんて、、粋な地名だ(*ノωノ)

 

 

 

しかもこの道の眺めにインカムはキャーキャーの連続。

 

 

 

hqte73.jpg

 

 

hqte72.jpg

 

 

 

バイパスが終わって、

秘境への入り口の道端にいきなり滝が。

 

 

 

hqte71.jpg

 

 

hqte46.jpg

 

 

 

 

七色の十二滝。 しゃれとる♪

 

 

hqte2.jpg

 

 

 

 

横の谷は深くて、

けっこうな高さのところを走ってるみたいです。

 

 

 

 

hqte70.jpg

 

 

 

トンネルをいくつもくぐっていくと

 

 

hqte69.jpg

 

 

 

 

 

hqte68.jpg

 

 

hqte67.jpg

 

 

 

日本一大きな村!

 

 

十津川村へおじゃまします!

 

 

hqte66.jpg

 

 

 

 

少し走るとかっこいい赤橋が。

 

 

 

 

hqte65.jpg

 

 

 

 

そしてこれまたコバルトブルーの川が( ゚Д゚)・・・

 

 

hqte64.jpg

 

 

 

たっせさん、道間違えてUターンしますが、

あまりに美しいからちょっと眺め、

 

↓あのガードレールの道へ向かいます。

 

 

 

hqte63.jpg

 

 

 

 

ここで熊野古道のある場所を確認中。

 

 

hqte95.jpg

 

 

 

 

この上には、小辺路という熊野古道があります。

 

 

 

hqte62.jpg

 

 

バイクで上がっていける場所まで行ってみることにしました。

 

 

振り返れば

 

 

hqte93.jpg

 

 

 

コバルトブル〜♪

 

 

hqte94.jpg

 

hqte45.jpg

 

 

 

 

テケテケ上がっていくと、

 

ウォーキングの皆さんをおいこします。

 

 

hqte92.jpg

 

 

 

 

 

みなさんはここから登山するんだねー

 

 

hqte91.jpg

 

 

ここで、かっこ果無峠って書いてあるよ。

 

昨日は音無から眺めた果無だ!

 

 

名前からして秘境www

 

 

 

 

hqte90.jpg

 

 

 

そしてぐんぐん標高をあげてゆく。

 

対向車がきたら大きなバイクではすれ違えない部分もたくさんあるぞー

 

 

 

 

hqte89.jpg

 

 

 

 

そしてこのカーブの見えた先の道が、、

 

 

 

 

 

まるで万里の長城Σ(゚Д゚)!!!!

 

 

 

 

hqte88.jpg

 

 

かっちょイイイイイー!!!!

 

 

 

 

 

hqte4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hqte3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

hqte86.jpg

 

 

 

 

あのバイパスとのギャップがはげしく

 

城壁を思わせるねぇぇ(≧◇≦)

 

 

 

 

hqte85.jpg

 

 

hqte84.jpg

 

 

 

 

深山へ入ってゆきます。

 

この眺め・・・

 

 

 

hqte83.jpg

 

 

hqte7.jpg

 

 

hqte6.jpg

 

 

 

さらに標高をあげる。

 

谷底が遠くなってくよ。

 

 

 

 

hqte82.jpg

 

 

 

hqte81.jpg

 

 

hqte117.jpg

 

 

 

 

 

 

hqte79.jpg

 

 

 

hqte78.jpg

 

 

 

そして、

 

 

視界がひらけます。

 

 

hqte77.jpg

 

 

 

hqte33.jpg

 

 

 

 

 

 

この場所は!

 

 

 

 

 

 

 

 

hqte128.jpg

 

 

 

この看板に!

 

 

 

hqte12.jpg

 

 

 

 

このアプローチは!!!!!

 

 

 

 

hqte110.jpg

 

 

 

熊野古道の特集とかで何度か見て、

私がいつか行きたいってずーーーーーーーーーーーっと思ってた場所だったんだけど

熊野古道といっても広すぎて名前も場所もわからず。。

 

でも、たっせさんは覚えててくれたんだー(*'▽')!!!

 

 

 

 

hqte14.jpg

 

 

 

 

hqte11.jpg

 

 

 

 

hqte118.jpg

 

 

 

ここは、民家の庭をつっきる熊野古道の果無地区。

 

 

 

hqte10.jpg

 

 

 

 

 

hqte9.jpg

 

 

 

ここもまさに天空の郷だね・・

 

 

 

 

hqte8.jpg

 

 

 

私は、このガードレールのきれっばしから入っていきたくて

もう、鼻息荒いけど、

 

ちょっとこのまま行けるところまで行ってみようとバイクを走らせた。

 

熊野古道は続くけど、バイクが走れる道はもうこの先で行きどまる。

 

 

hqte115.jpg

 

 

hqte114.jpg

 

 

 

私たちは九十九折れであがってきたけど

熊野古道が突っ切っているのでここにも登山口があります。

 

 

 

hqte113.jpg

 

 

 

ここからはほんとに登山道になるみたいで、

名前を書いて入山していました。

 

昨日歩いた中辺路がいかにゆるいってのがwww

 

 

 

hqte112.jpg

 

 

 

あ、バス停あるんやん(≧◇≦)!!!!

 

 

バスで来れるやんと思って時刻表見たら

 

 

 

hqte111.jpg

 

 

月曜限定ですから(; ・`д・´))

 

 

 

で、しばらく走って行き止まっておりかえしました。

 

 

hqte125.jpg

 

 

 

すげーながめだ。

 

 

 

 

 

 

デカバイクだったら、

魔が差すと崖に飛び出してしまいそうなタイトなヘアピンをくだる。

 

ここではさすがに思った。

よかったチビバイクでww

 

 

 

hqte124.jpg

 

 

hqte123.jpg

 

 

 

 

さて、道端に美しいトイレがありました。

世界遺産だもんなー

 

 

hqte76.jpg

 

 

hqte75.jpg

 

 

この隣に小さな駐車場があるので、

ここにバイクをとめてさっきの熊野古道へ歩いてゆきます(*'▽')

 

 

 

 

hqte30.jpg

 

 

 

 

熊野古道いくなら、

ここにきてみたいとおもって数年。

 

 

hqte35.jpg

 

 

 

 

 

 

hqte34.jpg

 

 

 

 

hqte29.jpg

 

 

 

ここは、道の世界遺産です!

 

 

 

hqte106.jpg

 

 

 

 

でもひと様のお庭でもあります。

 

 

 

hqte28.jpg

 

 

 

 

そして、いよいよ、、

 

 

 

hqte27.jpg

 

 

 

 

と、ちょうど石段をおりていくと!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて絵になる後ろ姿に、

泣きそうになりました( ノД`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hqte26.jpg

 

 

 

 

まさかテレビで拝見したあの方が

そこにいらっしゃるとは思ってもなかったのです。

 

 

 

 

hqte25.jpg

 

 

 

 

 

 

hqte105.jpg

 

 

 

 

この縁側も、まんまだ。

 

旅人とのふれあいがある縁側。

 

 

 

hqte24.jpg

 

 

 

 

私は声をかけずにいられませんでしたぁぁぁ!

 

 

 

 

hqte104.jpg

 

 

 

ちっちゃいちっちゃい、

でも心かおっきいカツさんです♪

 

 

 

hqte102.jpg

 

 

 

「どこからきたのぉ?」

 

 

 

 

 

 

カツさん、

19歳でここに嫁いでずっとここで生活してる話や

いまは普段デイサービスに行ってる話、

今日は娘さんが新宮の嫁ぎ先から茶摘みを手伝いにきてくれてると

うれしそうにおっしゃってます。

 

 

 

hqte101.jpg

 

 

 

御年94歳( ゚Д゚)!!!

 

 

 

記念写真お願いしたら、

「私とかい!」ってはにかんでらしたよ〜♪

 

 

hqte103.jpg

 

 

 

 

 

娘さんせっせと仕事中。

 

 

 

hqte127.jpg

 

 

 

 

 

 

いつまでもおしゃべり♪

 

 

 

 

hqte98.jpg

 

 

 

hqte99.jpg

 

 

なーんも不便はないよーって。

 

 

 

 

hqte23.jpg

 

 

 

 

時々、古道をのぼってくる人が。

 

 

 

 

hqte96.jpg

 

 

 

 

 

↓あの門はイノシシやシカが入ってこないように開けたらしめる。

 

 

 

hqte22.jpg

 

 

 

 

hqte21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

hqte20.jpg

 

 

 

最近は「今年も、お茶が摘めたぁ♪」って思うようになったらしいけど

きつい道のりをのぼってきた人は、どれだけいやされるか。

 

 

 

 

hqte122.jpg

 

 

 

 

 

手ぬぐいぼうしがかわいいよー

 

 

hqte126.jpg

 

 

 

 

 

 

満開の菖蒲と、茶摘みをするカツさん。

 

 

hqte19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

hqte18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

hqte17.jpg

 

 

 

まだまだ元気で長生きしてくださいね(*´▽`*)

 

 

 

 

 

hqte15.jpg

 

 

 

ここはほんとにいいところ。

 

鯉もよく育、、てかこの池サイズにパンパンやん(笑)

 

 

hqte16.jpg

 

 

 

 

 

 

この湧き水で夏は冷やしトマトとかラムネいれとったなー

(テレビでよくみた)

 

 

hqte120.jpg

 

 

 

 

その傍らで、息子さんがお茶の葉を炒ってるところでした。

 

 

 

hqte40.jpg

 

 

 

世界遺産になって、何か変わりましたか?とおたずねしたら

 

 

「生活はなーんにも変わりませんよ♪ 歩く人は増えましたけどね^^」

 

 

 

 

ちょっとホッとしました。

 

 

 

 

 

 

hqte39.jpg

 

 

hqte119.jpg

 

 

 

 

 

あ、これいいな。

 

 

hqte38.jpg

 

kiyomakoさん、次シカの角みつけたら私にわけてー

 

 

 

 

 

 

hqte37.jpg

 

 

 

 

いつまでも居たい気持ちになりました!

 

 

 

 

 

hqte36.jpg

 

 

 

 

 

hqte129.jpg

 

 

 

 

なんともしれないほっこりした気持ちになったよー

 

たっせさん、ありがとう!

 

 

 

 

 

駐車場にもどるとき

 

 

 

hqte44.jpg

 

 

 

 

 

 

たっせさんが、

 

「久しぶりに見たー!!!」と指さしてる実。

 

 

 

hqte31.jpg

 

 

 

 

なんだ?  この琥珀色の実。

 

 

hqte32.jpg

 

 

これはムクロジといって、

石鹸の実なんだよーって(◎▽◎)。

 

この実をもんでごしごししたら泡立って、

昔は石鹸の役割をしてたらしい。

 

手が届く場所にはなかったけどやってみたかったな〜(≧◇≦)

 

 

 

 

 

ウグイスも近くでさえずっていました。

 

 

 

hqte135.jpg

 

 

 

果無最高!!!!!

 

 

 

hqte134.jpg

 

 

 

 

では来た道をもどります。

 

 

 

 

hqte133.jpg

 

 

 

 

日も上がり、緑色が一層映えます。

 

 

hqte132.jpg

 

 

 

 

紀伊TOURINGの風景は、こんなとこばかり!

 

 

hqte131.jpg

 

 

hqte130.jpg

 

 

 

 

 

 

 

hqte116.jpg

 

 

 

 

十津川村の日本一はたくさんあって、

 

なんとオシドリの越冬地としても日本一!

 

二津野ダムでは観察船もあるらしぃ。

 

冬にもきてみたいよぉぉ!

 

 

 

 

 

hqte43.jpg

 

 

 

 

 

ふもとまでおりてきました。

 

 

 

 

 

hqte42.jpg

 

 

 

 

hqte41.jpg

 

 

 

この川に沿って走るよ〜!

 

 

 

 

 

 

 

はあ、カツさんを思い出すたびに心がポカポカ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく('◇')ゞ

 

 

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 21:52 | comments(12) | - | pookmark |
TOMBOY RIDER 2018 GW号犒野参詣道中辺路

kuk224.jpg

 

“くまのさんけいみちなかへち”を歩く。

 

 

 

 

kuk123.jpg

 

キャンプの間、毎朝コケコッコーではなく、ケーンケーン! の声で目が覚めました。

ゆうゆうと目立つ場所でなくキジ(笑)

 

 

さて、熊野本宮大社を参拝(爐泙困枠咫烏にご挨拶)した次の日の4月30日は、

天気予報を見て日差しが和らぎそうなので

この日に熊野古道を歩くことにしました。

 

私はひたすらたっせさんの計画についていくだけですが、

今日はスタミナがいりそうなので朝からククレボンカレー( ・∀・)ノ

 

左がククレカレーで右がボンカレー。

 

kuk247.jpg

 

 

いただきながら、後ろのテントの二人の会話に耳がww

 

A氏「ぼく、そこでカモノハシ見たんですよ!」

 

B氏「はぁ??? いるわけないやろ!」

 

A氏「いや! あれは絶対カモノハシですよ・・・平たいくちばしにビーバーみたいな体ですよ!」

 

B「おまえアホちゃう? ここはくーまーのー」

 

A氏「ほんとに見たんですよ! そこに!」

 

 

kuk249.jpg

 

 

おかしくて肩をふるわせながら川を眺めちゃいました。

おったら、、いいなwww

 

 

 

 

kuk246.jpg

 

 

では出発地点へ向かいます。

 

 

まず前日に来た大斎原の大鳥居。

 

kuk120.jpg

 

 

 

このすぐそばの産田社へ。

 

kuk122.jpg

 

 

たっせさんが引いたおみくじの「蘇」蘇り。ここに行け!

と書いてあったので真っ先に立ち寄りました。←わりとあやかりたいひとw

 

 

 

kuk121.jpg

 

産田社には八百万の神々をはじめ、全てを創造したとされる伊邪那美尊(いざなみのみこと)が祀られています。

ここで蘇り、創造のパワーをゲット!

 

 

そしてまた本宮へ。

 

kuk119.jpg

 

 

 

 

 

ここから熊野古道に入ります(*'▽')/

 

 

kuk118.jpg

 

 

 

祈りの道熊野古道。

 

おさらいだけど、熊野三山に向かって高野山、奈良の吉野、三重の伊勢、京都から

たくさんの参拝道がありますが

 

 

 

 

 

中でも、初心者にオススメ?という中辺路を歩きます(↑白で囲んだ部分)。

 

たっせさんの計画では、時間みてどこかで折り返すとのことらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

kuk17.jpg

 

 

8:30am。熊野本宮境内の裏から熊野古道へ。

 

 

 

 

ここでうすうす気づいた人は熊野マイスター(; ・`д・´)・・・

 

 

 

熊野古道といっても、いまは全部が山道ではなくて

民家の間の道もでてくれば、アスファルトを横切ったりもします。

 

 

kuk134.jpg

 

 

 

kuk133.jpg

 

 

さらに、熊野の御子神を祀り、この難行苦行の信仰の道をつなぐために

道中に設けられた神社跡の「王子」が道しるべのように出てきます。

実際の数ではないけど、とにかくいっぱいあるってことで

九十九王子と呼んでるよ。

 

王子の間隔は1km〜3kmごとにでてきます。

 

 

kuk131.jpg

 

 

 

住宅街からいきなり古道へ(*‘∀‘)

 

 

 

kuk15.jpg

 

 

 

kuk130.jpg

 

 

 

こんな道もあれば

 

 

kuk14.jpg

 

 

 

石畳も。

 

 

kuk13.jpg

 

 

 

今回のGWは昼間は夏のような気温の日々だったよ。

この日は雲とはいえ、たまにピーカン。

でも木立の中をあるくので終始森林浴で気持ちがいい!

 

 

ただ、

 

 

 

 

ただ、、

 

 

 

 

 

ずっとのぼりですからw

 

 

 

 

 

kuk129.jpg

 

 

 

 

修行修行!

 

昔の人たちは1か月とかかけて歩いた道です。

 

 

 

 

kuk245.jpg

 

 

 

 

 

kuk9.jpg

 

 

 

 

歩きはじめてまだ40分くらいですが、

ちょっと寄り道の看板が。

 

 

kuk8.jpg

 

 

より道って、なんだか無駄に体力使いそうであれだけど、

ここまではそんなに見晴らしはないので、「見晴台」という文字を見て、

寄ってみることに(^O^)

 

 

 

kuk7.jpg

 

 

 

むちゃくちゃのぼりやないかーwww

 

 

 

kuk128.jpg

 

 

 

 

 

気が遠くなりそうな階段をのぼると(≧▽≦)

 

 

 

 

 

kuk6.jpg

 

 

 

 

 

わっあ〜♪ 大鳥居が見えた!

 

 

 

kuk5.jpg

 

 

 

 

そして紀伊山地の折り重なる稜線が!

 

 

kuk4.jpg

 

 

 

どこまでもどこまでも♪

 

kuk3.jpg

 

 

 

 

ここで、数人の方が私たちと反対方向からやってきて、

 

まだ朝はやいというのに疲労感たっぷりだ。

 

「見晴台、、ここか、、、  

 

あぁ〜!!! やっと見えたぞー!!!!!!」

 

って、私たちの百倍くらい感動している。のも

 

このあとにわかるんだけどw

 

 

 

 

 

kuk2.jpg

 

 

 

さらに歩く。歩く。ひたすらのぼり。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、どんだけ歩いても前からはじゃんじゃん人が来るんだけど

私たちと行く方向に同行者はいない。

 

 

 

 

 

kuk142.jpg

 

 

1時間半ほど歩いたころ

三軒茶屋という休憩所があったよー

 

トイレもある(*'▽')

 

 

 

 

 

 

すると茶屋のご婦人がひとこと。

 

 

 

kuk127.jpg

 

 

「へ? 反対?」

 

 

ご婦人「そうそう。逆歩き?? きついやろー(笑)!!!」ってww

 

 

 

 

kuk140.jpg

 

 

 

たっせさんは知ってか知らずか、

 

確かに熊野詣とは本宮に向かってみんな歩くわけだから、

 

どうりで前からしか人がこないとおもたー(笑)

 

 

 

 

kuk141.jpg

 

 

しかも、中辺路は本宮に向かう道がほとんど下りだそうで・・・

 

だから歩きやすし。

 

 

 

見晴らし台でみんなの感動がマックスなのは、

長い距離を歩いて歩いて、本宮はまだかまだかと

やっと射程距離に鳥居が見えたときの雄叫びだったのだー(;・∀・)ネ

 

 

ただ、たっせさんは確信犯だ。

修行とはきつくないとダメwww

 

kuk139.jpg

 

 

 

人生楽ちんがモットーの能天気な私は

しばらく理解に苦しみ

 

 

 

 

 

ホラー( ;∀;)、、前から人きたよー

 

 

 

kuk138.jpg

 

 

 

しかも、ガイドさんをお連れの方々が通りすぎると

ガイドさんが

 

「皆さん、あの人たちは逆ですねー

 

逆は、きついんですよww」

 

とか、いらんこと声が聞こえる(笑)

 

 

 

 

まあ、歩くことが祈りだからどっちでもいっか!

 

と、やっと腹をくくった(私一人だけど 爆)

 

 

 

 

たっせさんは歩くのがむちゃくちゃはやいのだ。

 

 

 

しばらく歩くと、茶畑が見えてきました!

 

 

 

kuk125.jpg

 

 

 

ここは伏拝王子です。

 

 

 

 

 

隣には茶屋があって、多くの人休憩していきます。

 

 

 

 

 

京都を出発した人々はここでおよそ260km地点の12日目くらいだったようで、

昔はここから、まだ中洲にあったころの本宮が見えたらしく、

感激の余り地に伏して拝んだという場所。

 

 

 

kuk126.jpg

 

 

 

さらに歩くと山の上の集落です。

 

道は飽きない設定? (*'▽')

 

 

 

kuk154.jpg

 

kuk153.jpg

 

 

 

 

果無山脈。

 

kuk152.jpg

 

 

果無とか他界とか、

私の大好物です♪

 

そこに生きる人々の暮らしにワクワクします。

 

 

kuk157.jpg

 

 

こんな山の上だけど、熊野古道を歩く人のために

ところどころ茶屋があってうれしぃ〜

 

昔はそんなになかったことでしょーけど(;'∀')

 

 

 

kuk155.jpg

 

 

 

 

 

こんな看板がありました。

連ドラのほんまもん??

 

 

 

kuk168.jpg

 

 

覚えてないけど、この景色に見覚えある人もいるのかな♪

 

 

kuk170.jpg

 

 

 

 

この季節、茶摘み真っ最中で

あちこちで手摘みをしています。

 

kuk146.jpg

 

 

 

 

 

kuk151.jpg

 

 

 

それにしても、素晴らしい景色でした!

 

 

 

kuk244.jpg

 

 

kuk243.jpg

 

 

kuk150.jpg

 

 

 

 

キジも、まったくあわてないw

 

 

kuk147.jpg

 

 

 

 

kuk162.jpg

 

 

 

ここでお茶っ葉を購入。

 

 

kuk148.jpg

 

 

 

 

 

kuk158.jpg

 

kuk161.jpg

 

 

音無というところなのかな?

 

あとでもっすこし買っておけばよかったとおもった。

同じくらいの量で、手摘みのこのお茶が下界では倍の値段やった。

 

 

kuk159.jpg

 

 

 

 

 

kuk145.jpg

 

 

kuk144.jpg

 

 

 

 

kuk160.jpg

 

 

 

さあ! 頑張ってあるくよ!

 

 

 

kuk167.jpg

 

 

kuk163.jpg

 

 

無人ラムネとか♪

 

 

 

 

ここからまた山道に(*^▽^*)

 

 

 

kuk164.jpg

 

 

 

 

たまに不思議がられながらww

 

 

kuk143.jpg

 

 

 

 

kuk178.jpg

 

 

kuk177.jpg

 

 

11:30am

 

水呑王子へ。

 

 

kuk166.jpg

 

 

ここは廃校跡にあります。

 

昔のプールはそのままで。

 

 

kuk176.jpg

 

 

 

 

 

 

kuk175.jpg

 

 

 

ここらで、どこまで歩く〜?

 

昼になっちゃうよ〜(疲れたとは言わないw)

 

 

 

kuk174.jpg

 

 

 

ここでも新茶づくり♪

 

 

 

kuk173.jpg

 

 

 

 

kuk165.jpg

 

 

 

ワンコにのぞき見されながらさらに歩くと

 

 

kuk172.jpg

 

 

 

参詣者をいやすスポットが。

 

 

 

kuk242.jpg

 

 

 

ここでもほんまもんアピールしていました^^

木彫りの不苦労。

 

kuk171.jpg

 

 

kuk194.jpg

 

 

 

これがいい♪

 

kuk193.jpg

 

 

 

ここで訪問ノートに、

チャーリー宛にメモを残す。

 

 

 

kuk181.jpg

 

 

 

kuk192.jpg

 

 

kuk188.jpg

 

 

 

道々はお花もいっぱいで、

この時期に熊野古道を歩けてよかったと思った。

 

 

 

kuk187.jpg

 

 

 

 

 

kuk179.jpg

 

 

 

kuk186.jpg

 

 

 

 

kuk191.jpg

 

 

 

なんとなく、発心門王子というところで

折り返しかなーなんて思ったりして、

 

あと800M。

 

 

 

kuk190.jpg

 

 

 

kuk180.jpg

 

 

 

kuk189.jpg

 

 

 

 

ここで、もう12時はとっくに過ぎてるよ〜

 

おなかすいた!!!

 

 

 

 

kuk185.jpg

 

kuk182.jpg

 

 

 

ここまで7km歩いてきました。

 

 

kuk184.jpg

 

kuk183.jpg

 

 

 

 

とりあえず、朝コンビニで買ってきた巻きずし。

 

 

 

kuk241.jpg

 

 

 

たっせさんの計画では、

この先の発心門王子で折り返すつもりだったようだが、

本宮につくころはもう暗くなっちゃうし、、

 

同じ道もどるのいやだー!

 

しかも、途中の茶屋で訪ねてたんだけど

この場所が本宮からのバス最終地点。

 

で、次は15時のバスしかないー(笑)

 

ここでバスに乗れなかったらいやでも歩いて・・・ぞっとするワィww

 

 

 

ということで、きっとたっせさんも心の中ではほっとしてるに違いない

戻りはバス作戦にのっかってきたので、

15時までに折り返してこれるところまで熊野古道を満喫することにしました(≧◇≦)

 

 

kuk210.jpg

 

 

そして青紅葉が美しい、

発心門王子へ。

 

 

kuk209.jpg

 

 

 

ここ発心門とは熊野古道本宮へのクライマックス、

聖域への入り口らしい。

 

 

kuk223.jpg

 

 

私たちは出口にしてしもーたが(;・∀・)

 

 

 


ところが、向かい側にいにしえの鳥居が。

 

せっかくなので、さらに2kmほど歩いて、

あたかも本宮に向かうふうに装う作戦にでました。

 

 

kuk222.jpg

 

 

 

実はこの道をひたすら歩いていけば、

あの牛馬童子に出ます。(そんなとこまでいけないけど)

 

 

kuk208.jpg

 

 

 

しかも、、ここからがこれが熊野古道!という道。

 

 

 

kuk207.jpg

 

 

外国人が駆け上がってくる( ゚Д゚)・・・

 

 

 

 

kuk221.jpg

 

 

 

さらに険しさが。

 

 

 

kuk206.jpg

 

 

 

 

kuk204.jpg

 

 

 

ここまで歩いてきた道はなんだったのかというくらいの

人がすれ違えないようながけっぷち。

 

 

 

kuk203.jpg

 

 


たまに立ってる道標が頼りです。

 

 

kuk202.jpg

 

kuk201.jpg

 

 

 

 

 

kuk220.jpg

 

 

kuk219.jpg

 

 

 

 

 

 

kuk218.jpg

 

 

 

そしてまたのぼってくだって。

 

下ってこんな坂を目の前にすると、ちょっと腹立たしくもなったり(笑)

 

 

kuk217.jpg

 

 

kuk213.jpg

 

 

kuk200.jpg

 

 

 


そして2kmほど歩いて

 

この青紅葉(*´▽`*)

 

 

 

kuk199.jpg

 

 

 

kuk195.jpg

 

 

 

 

kuk198.jpg

 

 

 

この日到達した神社、

船玉神社です。

 

 

kuk216.jpg

 

 

熊野本宮大社の奥の院とも伝わる神社のようです。

ここに祈りを捧げに来ている人たちの様子が本格的で

何か他とはまた違って特別ということを感じました。

 

こちらは船玉神社の夫婦神といわれている玉姫稲荷。

 

 

kuk197.jpg

 

 

 

 

では、やっとこさここで折り返しです!

 

 

ということは、ここからほんとに、

 

本宮へ向かう熊野参詣(*^▽^*)

 

 

kuk196.jpg

 

 

 

しかし、、険しいわけで。。

 

 

 

kuk212.jpg

 

 

 

 

 

結局、久住山や由布岳登山を超える歩いた距離としては

 

11kmとなりました! へろへろだ(笑)

 

 

 

 

 

kuk211.jpg

 

 

でも、小さな一歩、一歩足を前に出すと

 

何かに到達できるもんなんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッスぅ〜ヽ(*´∀`)ノ

 

 

kuk240.jpg

 

 

 

 


もちろん、みなさんここでバスおりて本宮を歩いて目指すので、

ここからバスに乗って下りてく人はほぼいませんので。

 

 

kuk239.jpg

 

 

kuk238.jpg

 

 

kuk237.jpg

 

 


あっというまにまた河原の駐車場へ帰ってきました(;'∀')

 

 

 

キャンプ場にもどる途中、

 

 

 

kuk235.jpg

 

 

 


近くに世界で唯一、温泉の世界遺産があるというので

立ち寄りました。

 

おんせん県別府でも世界遺産じゃないのにー

と思いつつ、

 

 

kuk225.jpg

 

 

kuk233.jpg

 

 

 

kuk232.jpg

 

 

 

 

上皇の熊野御幸の際には、ここで温まって本宮に向かったとのこと。

 

 

 

 

kuk230.jpg

 

 

 


趣がありますねっ

 

温泉卵を作ってました。

 

 

kuk229.jpg

 

 

 

 

なんと、姉はここで自分の温泉卵が奥底に落ちて行ってしもーたと話してた(笑)

 

 

kuk228.jpg

 

 

kuk227.jpg

 

 

そしてここが、日本最古の温泉と言われている

つぼ湯です。

 

 

kuk226.jpg

 

 

待ち時間はんぱないので見ただけです( ゚Д゚)

 

 

 

 

さて、今夜は私はお肉を食べたかったので

道の駅本宮で熊野牛を探したけどなくて、なぜか佐賀牛が売ってたよぉぉ(≧◇≦)


レジで、「九州から来たけど熊野牛じゃなくて佐賀牛(*^▽^*)wwww」とか言ってたら


レジのおじさんがとっても申し訳なさがって

(決してそんなつもりで言ったんじゃないの(´;ω;`))
 

 

むちゃくちゃ詳しい熊野古道の本をくださった!

 

 

 

 

この本が、、まあすごいすごい・・・

 

両面の絵巻になってて詳しいったら・・

 

 

 

おかげで日記もたどることができました。

本当にありがたい一冊です。

 

 

 

熊野古道。

 

ほんの全体のうん十分の一だけど

 

 

 

歩けてほんとによかった!!!!!

 

 

 

 

和歌山に住んでたら老後は熊野古道制覇健康法とかよさそうだし、

しかも、熊野はどんな宗教も受け入れるという懐の広さ。

 

いまでもみんなの心を動かすのはそういうところかなー

 

 

 

↓今回のログです。

 

 

 

 

※もし、はじめて熊野古道を歩くなら、熊野本宮大社に車を置いて、

本宮からバスに乗って発心門に上がり、てくてく本宮を目指すのが下りだし楽だと思います(*'▽')

 

 

 

 

 

 

 

温泉入って疲れを癒し、

明日もいい天気。

 

 

チビバイクで秘境をめぐるよ♪

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 18:58 | comments(6) | - | pookmark |
TOMBOY RIDER 2018 GW号爐泙困枠咫烏にご挨拶

 

 

犂饑廚離薀ぅ澄!  を見送ったあとは、

前夜に見かけた蔵王橋へ。

 

 

zaoo15.jpg

 

 

 

夜に見えなかった川の全貌が。

 

 

zaoo14.jpg

 

 

コバルトブルーがつづくー(;O;)/

きれいや〜♪

 

 

下流にいくにしたがって、今度はエメラルドグリーンに色が変化( ゚Д゚)

 

 

zaoo13.jpg

 

 

 

 

そして蔵王橋に到着しました。

 

 

zaoo12.jpg

 

 

 

 

赤茶色のかっこいい橋!

 

 

zaoo16.jpg

 

 

 

 

ひゃあ〜!  なんかたてにゆれますw

 

zaoo10.jpg

 

 

 

zaoo17.jpg

 

 

 

 

zaoo6.jpg

 

 

 

 

zaoo21.jpg

 

 

 

 

橋の色とエメラルドグリーンの川のコントラストがいい♪

ここはこの先にダムがあるのでダム湖のようです。

 

 

 

zaoo5.jpg

 

 

 

 

 

そして、真下を見るとすけすけぇぇぇ

 

 

 

zaoo20.jpg

 

 

 

 

 

昔は車が走ってたんだって(; ・`д・´)コッワっ

 

 

zaoo19.jpg

 

 

 

 

 

でも、こんなつり橋がこの先いっぱい出てくるとは

この時はまだしらんかったー

 

 

ので、スケスケを堪能中。

 

 

zaoo86.jpg

 

 

 

zaoo8.jpg

 

 

 

渡った先は、いまは遊歩道になっていました。

荒れとったが。

 

 

 

 

 

zaoo18.jpg

 

 

 

zaoo11.jpg

 

 

 

 

ツーリングにもってこいのコースやん!

 

 

 

zaoo9.jpg

 

 

 

遠くに蔵王橋を眺めながら、昨日真っ暗で走ってきた道をなぞって下っていきます。

 

 

zaoo4.jpg

 

 

 

 

 

 

橋はいっぱいでてくるけど

 

 

 

zaoo35.jpg

 

 

 

沈下橋は、流れてます。

 

zaoo2.jpg

 

 

 

 

 

ほら〜

 

zaoo34.jpg

 

 

 

ほら〜

 

zaoo33.jpg

 

 

 

zaoo31.jpg

 

 

 

 

かっこいい橋がいっぱいでてくる。

 

zaoo32.jpg

 

 

 

 

出かけるときの由布の緑にちょっと後悔してたけど

和歌山もばりばりの新緑で安心した(≧◇≦)

 

 

zaoo29.jpg

 

 

 

 

ちょっとファミマで朝ごはん。

 

(毎度のことですか、うちは食に関して語れるようなものを食べないので写真はスルー)

 

 

 

Vスト650の新しいの見かけましたぁぁぁ♪

旅先でVスト見かけるとテンションあがるぅぅ!

 

 

zaoo85.jpg

 

 

 

 

 

 

 

で、朝ごはんを食べながらみんなを見ると、

とんちゃんも無事に魂と合体して北上中。

ayumiちゃんたちも動き始めちょん。

Aっki〜は、 そのまんまですw

 

 

zaoo135.jpg

 

 

それにしても、、東京が、真っ赤(;'∀')

 

 

 

そしてチャーは私たちと入れ替わりでおんせん県におるww

 

 

zaoo136.jpg

 

 

 

それではこちらも改めまして、

 

本日は、あの導きの神八咫烏にご挨拶するべく(もっと大事なこともあるんですけど)

 

熊野本宮大社へ!

 

を、最大の目的として寄り道しながらいざ進め〜

 

 

 

zaoo28.jpg

 

 

ハイ有田みかん畑!  みかん畑!  みかん畑!

 

 

 

窓をあければ町中があの甘い香りに包まれている!

 

あの、、あの甘い香りです!

 

 

 

 

zaoo27.jpg

 

 

 

ミカン城ー。・゚・(ノД`)・゚・。

 

香って、、一瞬で思い出すよな。・゚・(ノД`)・゚・。

 

幸せな日々のミカン城♪

 

 

 

zaoo26.jpg

 

 

zaoo25.jpg

 

 

 

 

 

この交差点から424号の龍神方面に。

 

zaoo24.jpg

 

 

 

 

zaoo22.jpg

 

 

龍神! て名前だけでドキドキするぅ♪

 

この道に入るとバイクがバンバカ走っていきます。

だよね〜だよね〜

 

 

zaoo41.jpg

 

 

 

このあたりから、久住阿蘇の広々とした風景とうってかわって

「紀伊国」の元となったまさに「木の国」(諸説あり)

な山々に囲まれます。

 

印象としてはほんとに、谷深く、それがずっと。

 

 

zaoo40.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

zaoo39.jpg

 

 

 

 

 

 

zaoo38.jpg

 

 

 

 

 

zaoo37.jpg

 

 

 

 

 

 

緑の谷にわーわー言ってると、なんか真っ赤な橋が

むちゃくちゃアピールしてくるのでよってみます。

 

 

 

zaoo36.jpg

 

 

 

 

 

 

 

zaoo56.jpg

 

 

 

日高川にかかるこれまたごりっぱな橋ですが、

 

ヤッホーおじさん推薦だそうで。

 

 

zaoo55.jpg

 

 

ヤッホーおじさん。。

 

調べると、和歌山県中4000か所にもわたるヤッホーが美しく響くポイントを

探しまくったおじさんらしいです(;・∀・)

 

 

 

zaoo54.jpg

 

 

思い起こせば私もよく谷でヤッホーするので

 

ヤッホーおじさんご推薦とあらば試さなくては気がすまない。

 

 

 

渡りますw

 

 

 

zaoo68.jpg

 

 

 

てか、二人とも吊り橋がまったく怖くないことにいまごろ気づく。

 

いまのところは・・・

 

 

zaoo53.jpg

 

zaoo52.jpg

 

 

 

 

あの、でーっかい看板があるところまでのぼっていくよ。

 

 

zaoo51.jpg

 

 

 

そしてあるポイントをみつけました。

 

ここで一発!

 

zaoo50.jpg

 

 

 

たっせさんが!

 

まさかのクラシック節で

 

 

 

かえるの唄うたいだしたー(;O;)!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

かぁぁえぇぇぇるぅぅのぉぉぉうぅぅたぁぁぁがぁぁぁぁ〜

 

 

 

 

zaoo132.jpg

 

 

 

>かぁぁえぇぇぇるぅぅのぉぉぉうぅぅたぁぁぁがぁぁぁぁ〜

 

 

 

 

 

きぃぃこぉぉえぇぇてぇぇくぅぅるぅぅぅよぉぉぉぉぉぉ♪

 

 

>きぃぃこぉぉえぇぇてぇぇくぅぅるぅぅぅよぉぉぉぉぉぉ♪

 

 

 

 

 

 

スゲーーーーーーーーーーーーーーーーーっっ( ;∀;)・・・

 

たしかにスゲーーっっ!!!

 

 

 

zaoo134.jpg

 

 

 

ヤッホー!!!!

 

 

ヤッホー!!!!

 

 

 

 

 

とんちゃぁぁぁん!!!!

 

 

とんちゃぁぁぁん!!!!

 

 

 

 

 

あゆみちゃぁぁぁぁん!!!!

 

 

あゆみちゃぁぁぁぁん!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

はあ、、まぁ、、ここでなくてもいい感じ。は置いといて、

 

すっきりした(笑)

 

 

zaoo49.jpg

 

 

 

 

このポイントへのい行きも帰りも、

すれ違うのは子供連れか、聞こえてくるのは子供の声だけでした。

 

いい歳のおじさんとおばさんの声は、

しっかりみんなに聞かれているのでしたw

 

 

 

 

zaoo48.jpg

 

 

 

 

それにしても、

 

川の色が美しいです。

 

 

 

 

zaoo47.jpg

 

 

 

 

バスクリンが入ってるんやないん(*'ω'*)ってくらい青い。

 

 

zaoo46.jpg

 

 

 

 

zaoo45.jpg

 

 

 

 

この道はあの龍神につながっているのか、

 

スポーツバイクが音とともに想像通りの勢いで下ってきます。

 

 

もー私たち若くないからやっぱ、ブラインドの追い越しとか見たら

びびる(;・∀・)。

 

 

 

 

zaoo43.jpg

 

 

 

 

 

龍神スカイラインへは後日ということで、

R311にはいります。

 

 

 

 

 

zaoo60.jpg

 

 

 

 

しばらく走ると、こんな銅像がちらほら。

 

 

zaoo62.jpg

 

 

2頭の動物にまたがってる金太郎?みたいなの。

 

 

 

ここでたっせさんが

 

「鉄馬乗りとしてはここははずせん!」

 

と立ち寄ります。

 

 

 

zaoo66.jpg

 

 

「道の駅熊野古道中辺路」からのー

 

初熊野古道へ潜入です。

 

 

もう熊野古道って看板見るだけで

 

ついに来た!!!!!って感じ(*ノωノ)

 

 

 

 

 

zaoo65.jpg

 

 

 

はじめて北海道の赤い矢印みたときとか、

それとか例えば本州の人がはじめてやまなハイウェイってゆ、看板見たときとかのあれみたいな

違うかww

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は今、熊野古道を歩いている」

 

 

 

zaoo63.jpg

 

 

 

 

しかし、ほんのちょっと歩いたら

 

 

 

zaoo84.jpg

 

 

 

フツーの道に出て こ・ん・わ・く

 

 

あとから来た人も、「あれ!」って言って右往左往していますが、

 

たぶんこっちーとかいいながらまた古道に入りました。

 

 

 

zaoo79.jpg

 

 

 

そして、ツーリングマップルには「熊野古道のシンボル」と書いてあった

 

 

牛馬童子と、ご対面!

 

 

zaoo76.jpg

 

 

牛と馬にまたがってるおかっぱの童子さんです(*´▽`*)

 

 

zaoo83.jpg

 

 

 

 

 

zaoo75.jpg

 

 

zaoo77.jpg

 

 

 

なんとも、、はだしの足が愛らしい。。

 

 

 

zaoo78.jpg

 

 

 

こんな愛らしい牛馬童子さんですが、

過去に頭部損壊事件があったらしく、頭は復元されてるみたいでした(;´Д`)

 

 

 

 

zaoo64.jpg

 

 

 

熊野古道についてはまた後程とし、

 

山菜蕎麦をいただきます。

 

 

zaoo73.jpg

 

 

 

その後も気持ちよく走り、

 

この日から3泊ほどお世話になるキャンプ場へ。

 

 

 

 

zaoo72.jpg

 

 

 

 

渡瀬緑の広場キャンプ場のフリーサイトに申し込みです。

 

 

 

zaoo71.jpg

 

 

zaoo70.jpg

 

 

3泊4日二人で6400円(*´▽`*)

 

 

 

GWだけどそんなに混んでなくて、川もあっていい場所だー

でも、雨が降り出したら熊野の雨はものすごい土砂雨らしく

すぐに、逃げてねって('◇';)ゞ

 

まあ、数日は大丈夫そうです。

 

 

 

zaoo82.jpg

 

 

テントもタープもあっというま!

 

(私はポールを持ってただけやけど( ;∀;))

 

 

zaoo80.jpg

 

 

 

 

 

 

アストロプロダクトの超バーゲン300円で買ってたテーブルが、

 

 

 

zaoo81.jpg

 

 

2本の横棒なくて笑った。ビールひっくりかえるやん(-"-)

 

 

 

 

 

お宿の確保が終わったので、

 

いよいよ本日の本命

 

 

 

日頃の感謝と世界平和と、家族の健康、旅の無事やあれこれ願いに

 

熊野本宮大社へ参ります。

 

 

 

ここからすぐ♪

 

たっせさんがいい拠点のキャンプ場を選んでくれました。

テントばいばーい

 

 

 

zaoo69.jpg

 

 

zaoo131.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ひろーーーーーーーーーーーーい熊野川の河原の駐車場。

 

 

 

zaoo113.jpg

 

 

車が多い時はここを案内されますが、

バイクも案内されてます。

むちゃくちゃ恐ろしい深い河原の砂利がまざってる駐車場。

ここに案内されたライダーは、泣くわな。

みんなできるだけ入っていかないように入口付近にかたまってました。

そこもすでにやばいけど、もう引き返せない下りのアプローチでした(;´・ω・)

 

 

 

では、いよいよ、今年で創建2050年!

 

という熊野三山(3つの大社)のひとつ、本宮です。

 

熊野三山とは

ここ田辺市の熊野本宮大社

新宮市の熊野速玉大社

那智勝浦町の熊野那智大社

の三つのことだよー

 

(詳しいことは調べてください。私のつたない記憶ともらった資料より

小学生でもわかる言葉で(;O;))

 

zaoo130.jpg

 

 

 

古来より紀伊山地の深い山々の自然には

万物の創造主がお隠れになり、宿っているところと信じられてきました。

 

 

ここ熊野は、目に見えない「自然」を畏敬し、崇め、信仰しました。

 

 

そして熊野への参詣は平安時代の中期から続々と増えて

聞いたことがあると思うけど「蟻の熊野詣」というくらい

 

zaoo124.jpg

 

 

この三山にむかって主には高野山、奈良の吉野、三重の伊勢から修行のごとく歩いて詣でました。

 

その道々が熊野古道として今でも多くの人々を惹きつけている。

 

 

自然に何か宿ってる! って、私の思う神様的なのがとってもマッチしていて

だから、いつか来るときはここからという思いがありました。

それが逆に強すぎて、とりあえずチロっといってみよー的になれなくて

なんとなく後回しにもなってたのかなーとも思ってみたりみなかったり(;´・ω・)

 

 

そして三本足の八咫烏。

 

 

zaoo127.jpg

 

 

私としては、熊野のシンボルは八咫烏!と思ってます。

 

 

 

zaoo110.jpg

 

 

 

 

でね、実は本当の熊野本宮大社はこの大鳥居をくぐった先の

熊野川の中州にあったというのは知らなかった。

 

そちらから参ります。

 

 

zaoo114.jpg

 

 

この大鳥居は、平成11年に建立されたんだって!

わりと新しいけど、日本一だそうだ。

 

 

 

 

 

zaoo108.jpg

 

 

zaoo109.jpg

 

 

 

 

大きすぎて、近くでは柱だけw

 

 

zaoo107.jpg

 

 

zaoo87.jpg

 

 

 

そしてこの鳥居をくぐると、

明治22年まで大社が鎮座していたという大斎原

 

 

zaoo106.jpg

 

 

ここからは撮影禁止です。

 

 

参拝して説明版をみると、この場所が中州にあったのがわかります。

 

 

 

zaoo112.jpg

 

 

 

ところが明治22年の大水害で社殿の多くが流れてしまい、

水害を免れた4つの社がいま大社がある場所に遷座されたのだそうです。

 

にしても、最初の創建が紀元前33年。

2000年近い間、大きな川の中州にあって流れたことがなかったんぢゃろか。

 

 

 

そして、現在の本宮へ。

 

 

zaoo88.jpg

 

 

 

 

zaoo111.jpg

 

 

おぉぉ〜

 

来たねぇ〜来ましたよ〜(関あきお風に)

 

 

 

zaoo105.jpg

 

 

 

参道ははじっこ歩こうって書いとるよ〜〜

 

zaoo98.jpg

 

 

zaoo97.jpg

 

 

zaoo96.jpg

 

 

 

御朱印ガールが列をなしてるのを横目に

 

八咫烏!

 

 

zaoo94.jpg

 

zaoo93.jpg

 

 

zaoo101.jpg

 

 

 

 

そして八咫烏の黒いポスト!

 

 

zaoo95.jpg

 

 

 

もうみんななじみ深い、

日本サッカー協会のマークも

八咫烏です。

 

zaoo103.jpg

 

 

だからいろいろ奉納?されてました。

 

 

 

 

 

 

本殿です。ここからはまた撮影禁止となります。

 

 

 

zaoo99.jpg

 

 

 

 

 

お参りの仕方はこのとおり。

 

 

 

 

私たちも,ら順に並びました。

みんな、それぞれの思いがあるのか、

一人一人じっくり手を合わせているので、列はどんどん長くなります。

 

 

△吠造鵑波省くらい進んだころであることに気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

とり天「あっ( ゚Д゚)・・・・ないっっ!!」

 

 

とり天「ないないΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)!」

 

 

たっせ「なにが?」

 

 

 

とり天「人生バラ色サングラスがないっ!!!」

 

 

 

 

私の大事な、いつでもピンク色のサングラスがない!!!

 

この広い境内の自分のたどった場所を目で追うけど

見える範囲にはないわー(;O;)

参道では頭にくっつけてるの覚えてるけどー

しかし、並んでるし、、いまもどってもしょうがないので

とりあえず参拝だけはすることに。

 

でもこんなに人がいる玉砂利の境内とか、、いまごろ踏まれてるやろな( ノД`)

 

その後

 

 

△亮凖造癲◆

 

の社殿も、

 

い亮凖造癲

 

イ亮凖造癲◆

 

 

 

いろいろ言うこと吹っ飛んで、全部に

 

「人生バラ色サングラスが見つかりますように(;O;)」って祈ってしまったorz。

 

 

 

ヽ(д`ヽ)。。バカバカバカバカ。。(ノ´д)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参拝がおわって自分が歩いてきた道や境内をウロウロウロウロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとたっせさんが「あったー!!!」

 

 

 

 

zaoo100.jpg

 

 

そこは、私は歩いてない場所だったけどww

 

誰かが柱の横によけてくれたんやないかなー(≧◇≦)

 

 

 

 

 

もー、、いきなり願い事が叶ったりしてやばいぞ本宮!!!

 

 

よく見たら、熊野本宮の今年の一文字は

 

 

 

 

こちらでした(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

私の願いは、直前でバラ色サングラスにすり替わってしまったわけですが、

これも神様の思し召しかもしれません。

 

7億あたりますようにとか言ったら承知せんよーって(( ;∀;))

目の前の大事なことにしときー 

 

 

 

 

 

zaoo102.jpg

 

 

おみくじ買った。

 

そしてここで、もう道に迷わないように

八咫烏のTシャツも買ったよー

私についてきなー 迷子にならんよー

 

もちろんたっせさんも買いました(*‘∀‘)

 

 

 

zaoo92.jpg

 

 

 

この日もけっこう歩いたねっ。

 

 

 

zaoo123.jpg

 

zaoo129.jpg

 

 

 

テントにもどるときに、

近くの道の駅で食材をゲットします。

 

 

zaoo117.jpg

 

zaoo118.jpg

 

 

 

そして広い河原を眺めてキャンプ城へ。

 

 

zaoo120.jpg

 

 

zaoo119.jpg

 

zaoo121.jpg

 

 

 

 

 

旅バイクもいっぱい♪

 

zaoo122.jpg

 

 

 

 

 

さー! 温泉だよ〜!

 

 

 

zaoo147.jpg

 

 

実は前日はお風呂に入って出発したので、

着たきりすずめ

じゃなくて着たきりとり天、さっぱりした!!!

 

 

その後、たっせさんうれしそうに薪をひろう。

 

 

zaoo116.jpg

 

 

 

 

私は熱いからだを冷ましに川へ。

 

 

zaoo91.jpg

 

 

zaoo146.jpg

 

 

ぎもぢがいぃ゛゛゛゛゛゛゛゛!!!!!

 

 

 

夕日を眺めて乾杯だ。

 

 

zaoo90.jpg

 

 

 

 

で、キャンプ飯とかほぼ作らない私たちは地元の総菜です。

 

 

zaoo145.jpg

 

新潟産のおにぎり(笑)

 

 

 

zaoo144.jpg

 

 

 

 

 

 

ここで、八咫烏のお尻からおみくじを取り出す!

 

 

zaoo143.jpg

 

 

 

 

ふむふむ。

 

zaoo142.jpg

 

 

導きの一文字ですね。

 

 

 

 

 

 

まずは、たっせさん。

 

zaoo141.jpg

 

 

「そ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のは

 

 

zaoo140.jpg

 

 

「  」

 

 

 

 

 

 

よ、読めんかった(T▽T)

 

 

とりあえず、つなぐとかいう意味はわかります。

 

それぞれよく読んで、

いいお導きをいただきました。

 

 

 

 

 

 

zaoo139.jpg

 

 

 

 

 

 

この日、月がとってもきれい♪

 

 

zaoo115.jpg

 

 

 

 

 

そして、焚火からは

 

 

龍神が立ち上ったー!!!!

 

 

 

 

zaoo89.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、熊野古道中辺路を

 

歩きます∠( ゚д゚)/

 

 

 

 

 

 

 

けっこう、歩くみたいよww

 

zaoo126.jpg

 

 

TOMBOY RIDER 2018 GW号犒野参詣道中辺路

 

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 14:04 | comments(5) | - | pookmark |
TOMBOY RIDER 2018 GW号犂饑廚離薀ぅ澄偲仂!

 

TOMBOY RIDER 2018 GW号猝椹悗擦箸蠹渓てГ涼廊

 

 

和歌山入りして二日目。

 

明るくなる前からピーピー声がすると思ったら

たくさんのつばめがあちこちに巣を作ってました。

 

 

wakayn34.jpg

 

 

 

きっといまごろカボス城にも♪

 

 

 

 

 

起きたらここからすぐの、あらぎ島へ。

 

 

 

 

wakayn9.jpg

 

 

大小あわせて54枚、江戸時代に作られたのだそうです。

有田川にぐるーっと囲まれる棚田。

 

 

wakayn1.jpg

 

調べると一番上段の田は通称「天井田」と呼ばれ、その天井田で収穫された米や餅米でついたお餅は、

なんと秋篠宮夫妻や悠仁親王に献上されているんだって!

ここらへんが紀子さまの父方の曽祖父のご出身のご縁だそうで。

 

 

 

 

さて、日が当たるまでしばしまわりを散策。

 

なぞなぞとか(*‘∀‘)

 

 

wakayn12.jpg

 

 

 

 

 

wakayn13.jpg

 

 

 

 

 

藤もキラキラしています。

 

 

wakayn10.jpg

 

 

 

 

ミサゴが大きな魚をハントして捕食中。

 

wakayn5.jpg

 

 

 

 

シャガも咲いて、この旅のスタートがいい天気でうれしい!

 

 

wakayn8.jpg

 

 

 

 

wakayn7.jpg

 

 

 

振り向くと、空き家があります。

中は、なんの機械かなー

 

 

wakayn6.jpg

 

 

 

 

少しずつ日が出てきて、川の青さもひきたつ。

美しいところだ!

 

 

wakayn4.jpg

 

 

 

 

水が満杯だったらな〜

 

 

wakayn3.jpg

 

 

 

でも、ここに連れてきてくれただけでもありがたいんだからわーい

 

 

 

wakayn2.jpg

 

 

 

 

 

なんてふと思いつつ眺めていると

 

 

 

 

視界の中にいつの間に、、

 

 

 

 

 

あなた様はいつの間に!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシチュエーションでまるで仕込まれてるかのように

 

リアルカブ主さまご登場Σ(゚∀゚ノ)ノ!!!!!!!!

 

 

 

 

wakayn33.jpg

 

 

 

 

 

朝日にむかってトコトコと・・・

 

 

 

wakayn31.jpg

 

 

 

 

私たちがギラギラしたまなざしで見守っていることも知らずに

 

 

 

 

wakayn30.jpg

 

 

 

 

 

 

wakayn29.jpg

 

 

 

たんたんと。

 

 

 

wakayn28.jpg

 

 

 

 

この一台がいるけで、

私たちにとっては、とっても意味のある一枚になりますき

 

 

wakayn27.jpg

 

 

 

 

 

 

 

wakayn26.jpg

 

 

 

 

 

wakayn25.jpg

 

 

 

 

 

 

 

wakayn36.jpg

 

 

 

 

すると、かっこよく

 

 

 

 

wakayn24.jpg

 

 

 

 

 

 

wakayn23.jpg

 

 

 

スタンドターン!

 

 

 

wakayn22.jpg

 

 

 

 

颯爽と走り去っていったのであります。

 

 

 

 

wakayn39.jpg

 

 

 

 

wakayn17.jpg

 

 

 

 

 

wakayn16.jpg

 

 

 

しかし、田園風景にはやっぱカブだ。

 

私、隠居したらカブ主になるんだよ〜♪

 

由布はカブが似合うやろ〜わーい

 

 

wakayn15.jpg

 

 

 

wakayn14.jpg

 

 

 

 

 

こうして奇跡のライダーは、

 

特別ステキな棚田風景にしてくださいました。

 

 

 

 

wakayn18.jpg

 

 

本人は、なにも知らずに。

 

 

 

 

wakayn37.jpg

 

 

あらぎ島、最高♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、 答えは裏に。

 

 

wakayn11.jpg

 

 

 

 

次はTOMBOY RIDER 2018 GW号爐泙困枠咫烏にご挨拶

 

 

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 22:09 | comments(9) | - | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Tomboy Birder

+ 運まかせ ARCHIVES

+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE