<< 地球感じるVstMT | main | TOMBOY RIDER 2018 GW号狃縦点邁面TOURING! >>
TOMBOY RIDER 2018 GW号犒野参詣道中辺路

kuk224.jpg

 

“くまのさんけいみちなかへち”を歩く。

 

 

 

 

kuk123.jpg

 

キャンプの間、毎朝コケコッコーではなく、ケーンケーン! の声で目が覚めました。

ゆうゆうと目立つ場所でなくキジ(笑)

 

 

さて、熊野本宮大社を参拝(爐泙困枠咫烏にご挨拶)した次の日の4月30日は、

天気予報を見て日差しが和らぎそうなので

この日に熊野古道を歩くことにしました。

 

私はひたすらたっせさんの計画についていくだけですが、

今日はスタミナがいりそうなので朝からククレボンカレー( ・∀・)ノ

 

左がククレカレーで右がボンカレー。

 

kuk247.jpg

 

 

いただきながら、後ろのテントの二人の会話に耳がww

 

A氏「ぼく、そこでカモノハシ見たんですよ!」

 

B氏「はぁ??? いるわけないやろ!」

 

A氏「いや! あれは絶対カモノハシですよ・・・平たいくちばしにビーバーみたいな体ですよ!」

 

B「おまえアホちゃう? ここはくーまーのー」

 

A氏「ほんとに見たんですよ! そこに!」

 

 

kuk249.jpg

 

 

おかしくて肩をふるわせながら川を眺めちゃいました。

おったら、、いいなwww

 

 

 

 

kuk246.jpg

 

 

では出発地点へ向かいます。

 

 

まず前日に来た大斎原の大鳥居。

 

kuk120.jpg

 

 

 

このすぐそばの産田社へ。

 

kuk122.jpg

 

 

たっせさんが引いたおみくじの「蘇」蘇り。ここに行け!

と書いてあったので真っ先に立ち寄りました。←わりとあやかりたいひとw

 

 

 

kuk121.jpg

 

産田社には八百万の神々をはじめ、全てを創造したとされる伊邪那美尊(いざなみのみこと)が祀られています。

ここで蘇り、創造のパワーをゲット!

 

 

そしてまた本宮へ。

 

kuk119.jpg

 

 

 

 

 

ここから熊野古道に入ります(*'▽')/

 

 

kuk118.jpg

 

 

 

祈りの道熊野古道。

 

おさらいだけど、熊野三山に向かって高野山、奈良の吉野、三重の伊勢、京都から

たくさんの参拝道がありますが

 

 

 

 

 

中でも、初心者にオススメ?という中辺路を歩きます(↑白で囲んだ部分)。

 

たっせさんの計画では、時間みてどこかで折り返すとのことらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

kuk17.jpg

 

 

8:30am。熊野本宮境内の裏から熊野古道へ。

 

 

 

 

ここでうすうす気づいた人は熊野マイスター(; ・`д・´)・・・

 

 

 

熊野古道といっても、いまは全部が山道ではなくて

民家の間の道もでてくれば、アスファルトを横切ったりもします。

 

 

kuk134.jpg

 

 

 

kuk133.jpg

 

 

さらに、熊野の御子神を祀り、この難行苦行の信仰の道をつなぐために

道中に設けられた神社跡の「王子」が道しるべのように出てきます。

実際の数ではないけど、とにかくいっぱいあるってことで

九十九王子と呼んでるよ。

 

王子の間隔は1km〜3kmごとにでてきます。

 

 

kuk131.jpg

 

 

 

住宅街からいきなり古道へ(*‘∀‘)

 

 

 

kuk15.jpg

 

 

 

kuk130.jpg

 

 

 

こんな道もあれば

 

 

kuk14.jpg

 

 

 

石畳も。

 

 

kuk13.jpg

 

 

 

今回のGWは昼間は夏のような気温の日々だったよ。

この日は雲とはいえ、たまにピーカン。

でも木立の中をあるくので終始森林浴で気持ちがいい!

 

 

ただ、

 

 

 

 

ただ、、

 

 

 

 

 

ずっとのぼりですからw

 

 

 

 

 

kuk129.jpg

 

 

 

 

修行修行!

 

昔の人たちは1か月とかかけて歩いた道です。

 

 

 

 

kuk245.jpg

 

 

 

 

 

kuk9.jpg

 

 

 

 

歩きはじめてまだ40分くらいですが、

ちょっと寄り道の看板が。

 

 

kuk8.jpg

 

 

より道って、なんだか無駄に体力使いそうであれだけど、

ここまではそんなに見晴らしはないので、「見晴台」という文字を見て、

寄ってみることに(^O^)

 

 

 

kuk7.jpg

 

 

 

むちゃくちゃのぼりやないかーwww

 

 

 

kuk128.jpg

 

 

 

 

 

気が遠くなりそうな階段をのぼると(≧▽≦)

 

 

 

 

 

kuk6.jpg

 

 

 

 

 

わっあ〜♪ 大鳥居が見えた!

 

 

 

kuk5.jpg

 

 

 

 

そして紀伊山地の折り重なる稜線が!

 

 

kuk4.jpg

 

 

 

どこまでもどこまでも♪

 

kuk3.jpg

 

 

 

 

ここで、数人の方が私たちと反対方向からやってきて、

 

まだ朝はやいというのに疲労感たっぷりだ。

 

「見晴台、、ここか、、、  

 

あぁ〜!!! やっと見えたぞー!!!!!!」

 

って、私たちの百倍くらい感動している。のも

 

このあとにわかるんだけどw

 

 

 

 

 

kuk2.jpg

 

 

 

さらに歩く。歩く。ひたすらのぼり。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、どんだけ歩いても前からはじゃんじゃん人が来るんだけど

私たちと行く方向に同行者はいない。

 

 

 

 

 

kuk142.jpg

 

 

1時間半ほど歩いたころ

三軒茶屋という休憩所があったよー

 

トイレもある(*'▽')

 

 

 

 

 

 

すると茶屋のご婦人がひとこと。

 

 

 

kuk127.jpg

 

 

「へ? 反対?」

 

 

ご婦人「そうそう。逆歩き?? きついやろー(笑)!!!」ってww

 

 

 

 

kuk140.jpg

 

 

 

たっせさんは知ってか知らずか、

 

確かに熊野詣とは本宮に向かってみんな歩くわけだから、

 

どうりで前からしか人がこないとおもたー(笑)

 

 

 

 

kuk141.jpg

 

 

しかも、中辺路は本宮に向かう道がほとんど下りだそうで・・・

 

だから歩きやすし。

 

 

 

見晴らし台でみんなの感動がマックスなのは、

長い距離を歩いて歩いて、本宮はまだかまだかと

やっと射程距離に鳥居が見えたときの雄叫びだったのだー(;・∀・)ネ

 

 

ただ、たっせさんは確信犯だ。

修行とはきつくないとダメwww

 

kuk139.jpg

 

 

 

人生楽ちんがモットーの能天気な私は

しばらく理解に苦しみ

 

 

 

 

 

ホラー( ;∀;)、、前から人きたよー

 

 

 

kuk138.jpg

 

 

 

しかも、ガイドさんをお連れの方々が通りすぎると

ガイドさんが

 

「皆さん、あの人たちは逆ですねー

 

逆は、きついんですよww」

 

とか、いらんこと声が聞こえる(笑)

 

 

 

 

まあ、歩くことが祈りだからどっちでもいっか!

 

と、やっと腹をくくった(私一人だけど 爆)

 

 

 

 

たっせさんは歩くのがむちゃくちゃはやいのだ。

 

 

 

しばらく歩くと、茶畑が見えてきました!

 

 

 

kuk125.jpg

 

 

 

ここは伏拝王子です。

 

 

 

 

 

隣には茶屋があって、多くの人休憩していきます。

 

 

 

 

 

京都を出発した人々はここでおよそ260km地点の12日目くらいだったようで、

昔はここから、まだ中洲にあったころの本宮が見えたらしく、

感激の余り地に伏して拝んだという場所。

 

 

 

kuk126.jpg

 

 

 

さらに歩くと山の上の集落です。

 

道は飽きない設定? (*'▽')

 

 

 

kuk154.jpg

 

kuk153.jpg

 

 

 

 

果無山脈。

 

kuk152.jpg

 

 

果無とか他界とか、

私の大好物です♪

 

そこに生きる人々の暮らしにワクワクします。

 

 

kuk157.jpg

 

 

こんな山の上だけど、熊野古道を歩く人のために

ところどころ茶屋があってうれしぃ〜

 

昔はそんなになかったことでしょーけど(;'∀')

 

 

 

kuk155.jpg

 

 

 

 

 

こんな看板がありました。

連ドラのほんまもん??

 

 

 

kuk168.jpg

 

 

覚えてないけど、この景色に見覚えある人もいるのかな♪

 

 

kuk170.jpg

 

 

 

 

この季節、茶摘み真っ最中で

あちこちで手摘みをしています。

 

kuk146.jpg

 

 

 

 

 

kuk151.jpg

 

 

 

それにしても、素晴らしい景色でした!

 

 

 

kuk244.jpg

 

 

kuk243.jpg

 

 

kuk150.jpg

 

 

 

 

キジも、まったくあわてないw

 

 

kuk147.jpg

 

 

 

 

kuk162.jpg

 

 

 

ここでお茶っ葉を購入。

 

 

kuk148.jpg

 

 

 

 

 

kuk158.jpg

 

kuk161.jpg

 

 

音無というところなのかな?

 

あとでもっすこし買っておけばよかったとおもった。

同じくらいの量で、手摘みのこのお茶が下界では倍の値段やった。

 

 

kuk159.jpg

 

 

 

 

 

kuk145.jpg

 

 

kuk144.jpg

 

 

 

 

kuk160.jpg

 

 

 

さあ! 頑張ってあるくよ!

 

 

 

kuk167.jpg

 

 

kuk163.jpg

 

 

無人ラムネとか♪

 

 

 

 

ここからまた山道に(*^▽^*)

 

 

 

kuk164.jpg

 

 

 

 

たまに不思議がられながらww

 

 

kuk143.jpg

 

 

 

 

kuk178.jpg

 

 

kuk177.jpg

 

 

11:30am

 

水呑王子へ。

 

 

kuk166.jpg

 

 

ここは廃校跡にあります。

 

昔のプールはそのままで。

 

 

kuk176.jpg

 

 

 

 

 

 

kuk175.jpg

 

 

 

ここらで、どこまで歩く〜?

 

昼になっちゃうよ〜(疲れたとは言わないw)

 

 

 

kuk174.jpg

 

 

 

ここでも新茶づくり♪

 

 

 

kuk173.jpg

 

 

 

 

kuk165.jpg

 

 

 

ワンコにのぞき見されながらさらに歩くと

 

 

kuk172.jpg

 

 

 

参詣者をいやすスポットが。

 

 

 

kuk242.jpg

 

 

 

ここでもほんまもんアピールしていました^^

木彫りの不苦労。

 

kuk171.jpg

 

 

kuk194.jpg

 

 

 

これがいい♪

 

kuk193.jpg

 

 

 

ここで訪問ノートに、

チャーリー宛にメモを残す。

 

 

 

kuk181.jpg

 

 

 

kuk192.jpg

 

 

kuk188.jpg

 

 

 

道々はお花もいっぱいで、

この時期に熊野古道を歩けてよかったと思った。

 

 

 

kuk187.jpg

 

 

 

 

 

kuk179.jpg

 

 

 

kuk186.jpg

 

 

 

 

kuk191.jpg

 

 

 

なんとなく、発心門王子というところで

折り返しかなーなんて思ったりして、

 

あと800M。

 

 

 

kuk190.jpg

 

 

 

kuk180.jpg

 

 

 

kuk189.jpg

 

 

 

 

ここで、もう12時はとっくに過ぎてるよ〜

 

おなかすいた!!!

 

 

 

 

kuk185.jpg

 

kuk182.jpg

 

 

 

ここまで7km歩いてきました。

 

 

kuk184.jpg

 

kuk183.jpg

 

 

 

 

とりあえず、朝コンビニで買ってきた巻きずし。

 

 

 

kuk241.jpg

 

 

 

たっせさんの計画では、

この先の発心門王子で折り返すつもりだったようだが、

本宮につくころはもう暗くなっちゃうし、、

 

同じ道もどるのいやだー!

 

しかも、途中の茶屋で訪ねてたんだけど

この場所が本宮からのバス最終地点。

 

で、次は15時のバスしかないー(笑)

 

ここでバスに乗れなかったらいやでも歩いて・・・ぞっとするワィww

 

 

 

ということで、きっとたっせさんも心の中ではほっとしてるに違いない

戻りはバス作戦にのっかってきたので、

15時までに折り返してこれるところまで熊野古道を満喫することにしました(≧◇≦)

 

 

kuk210.jpg

 

 

そして青紅葉が美しい、

発心門王子へ。

 

 

kuk209.jpg

 

 

 

ここ発心門とは熊野古道本宮へのクライマックス、

聖域への入り口らしい。

 

 

kuk223.jpg

 

 

私たちは出口にしてしもーたが(;・∀・)

 

 

 


ところが、向かい側にいにしえの鳥居が。

 

せっかくなので、さらに2kmほど歩いて、

あたかも本宮に向かうふうに装う作戦にでました。

 

 

kuk222.jpg

 

 

 

実はこの道をひたすら歩いていけば、

あの牛馬童子に出ます。(そんなとこまでいけないけど)

 

 

kuk208.jpg

 

 

 

しかも、、ここからがこれが熊野古道!という道。

 

 

 

kuk207.jpg

 

 

外国人が駆け上がってくる( ゚Д゚)・・・

 

 

 

 

kuk221.jpg

 

 

 

さらに険しさが。

 

 

 

kuk206.jpg

 

 

 

 

kuk204.jpg

 

 

 

ここまで歩いてきた道はなんだったのかというくらいの

人がすれ違えないようながけっぷち。

 

 

 

kuk203.jpg

 

 


たまに立ってる道標が頼りです。

 

 

kuk202.jpg

 

kuk201.jpg

 

 

 

 

 

kuk220.jpg

 

 

kuk219.jpg

 

 

 

 

 

 

kuk218.jpg

 

 

 

そしてまたのぼってくだって。

 

下ってこんな坂を目の前にすると、ちょっと腹立たしくもなったり(笑)

 

 

kuk217.jpg

 

 

kuk213.jpg

 

 

kuk200.jpg

 

 

 


そして2kmほど歩いて

 

この青紅葉(*´▽`*)

 

 

 

kuk199.jpg

 

 

 

kuk195.jpg

 

 

 

 

kuk198.jpg

 

 

 

この日到達した神社、

船玉神社です。

 

 

kuk216.jpg

 

 

熊野本宮大社の奥の院とも伝わる神社のようです。

ここに祈りを捧げに来ている人たちの様子が本格的で

何か他とはまた違って特別ということを感じました。

 

こちらは船玉神社の夫婦神といわれている玉姫稲荷。

 

 

kuk197.jpg

 

 

 

 

では、やっとこさここで折り返しです!

 

 

ということは、ここからほんとに、

 

本宮へ向かう熊野参詣(*^▽^*)

 

 

kuk196.jpg

 

 

 

しかし、、険しいわけで。。

 

 

 

kuk212.jpg

 

 

 

 

 

結局、久住山や由布岳登山を超える歩いた距離としては

 

11kmとなりました! へろへろだ(笑)

 

 

 

 

 

kuk211.jpg

 

 

でも、小さな一歩、一歩足を前に出すと

 

何かに到達できるもんなんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッスぅ〜ヽ(*´∀`)ノ

 

 

kuk240.jpg

 

 

 

 


もちろん、みなさんここでバスおりて本宮を歩いて目指すので、

ここからバスに乗って下りてく人はほぼいませんので。

 

 

kuk239.jpg

 

 

kuk238.jpg

 

 

kuk237.jpg

 

 


あっというまにまた河原の駐車場へ帰ってきました(;'∀')

 

 

 

キャンプ場にもどる途中、

 

 

 

kuk235.jpg

 

 

 


近くに世界で唯一、温泉の世界遺産があるというので

立ち寄りました。

 

おんせん県別府でも世界遺産じゃないのにー

と思いつつ、

 

 

kuk225.jpg

 

 

kuk233.jpg

 

 

 

kuk232.jpg

 

 

 

 

上皇の熊野御幸の際には、ここで温まって本宮に向かったとのこと。

 

 

 

 

kuk230.jpg

 

 

 


趣がありますねっ

 

温泉卵を作ってました。

 

 

kuk229.jpg

 

 

 

 

なんと、姉はここで自分の温泉卵が奥底に落ちて行ってしもーたと話してた(笑)

 

 

kuk228.jpg

 

 

kuk227.jpg

 

 

そしてここが、日本最古の温泉と言われている

つぼ湯です。

 

 

kuk226.jpg

 

 

待ち時間はんぱないので見ただけです( ゚Д゚)

 

 

 

 

さて、今夜は私はお肉を食べたかったので

道の駅本宮で熊野牛を探したけどなくて、なぜか佐賀牛が売ってたよぉぉ(≧◇≦)


レジで、「九州から来たけど熊野牛じゃなくて佐賀牛(*^▽^*)wwww」とか言ってたら


レジのおじさんがとっても申し訳なさがって

(決してそんなつもりで言ったんじゃないの(´;ω;`))
 

 

むちゃくちゃ詳しい熊野古道の本をくださった!

 

 

 

 

この本が、、まあすごいすごい・・・

 

両面の絵巻になってて詳しいったら・・

 

 

 

おかげで日記もたどることができました。

本当にありがたい一冊です。

 

 

 

熊野古道。

 

ほんの全体のうん十分の一だけど

 

 

 

歩けてほんとによかった!!!!!

 

 

 

 

和歌山に住んでたら老後は熊野古道制覇健康法とかよさそうだし、

しかも、熊野はどんな宗教も受け入れるという懐の広さ。

 

いまでもみんなの心を動かすのはそういうところかなー

 

 

 

↓今回のログです。

 

 

 

 

※もし、はじめて熊野古道を歩くなら、熊野本宮大社に車を置いて、

本宮からバスに乗って発心門に上がり、てくてく本宮を目指すのが下りだし楽だと思います(*'▽')

 

 

 

 

 

 

 

温泉入って疲れを癒し、

明日もいい天気。

 

 

チビバイクで秘境をめぐるよ♪

 

 

 

| とり天娘 | D-TRACKER125&KLX125 | 18:58 | comments(6) | - | pookmark |
熊野古道歩いてみたくなりました。
もちろん、下ってくる方で!
九州から来たのに佐賀牛に笑いました。
御殿場で馬刺しを買ったら愛知県産でした(笑)
| take | 2018/06/09 6:49 AM |
素晴らしい伝言があると信じて行ってきますw。
| チャーリー | 2018/06/08 11:59 AM |
☆チャー兄さん


ぜっひーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!





☆キョクチョさん

こんばんは!

とり天さんの懐の広さは熊野以上ですね!>

う、うん"(-""-)"そうだよ、
私の懐は宇宙よりひろいんだーーーーーーーーー(T▽T)

しかし途中のガイドさんたちのつぶやきとかに
ほんと、笑いましたw






☆バツマルさん


こんばんは!

熊野古道付近のツーリングにいつでもいけて
うらやましいです!
大分のとなりが和歌山だったらいいのになーって思います。
阿蘇と和歌山を週替わりで走りたい!

ていうか、スキーで( ゚Д゚)
でもって下りの長距離がつらいって、
実はタイチョもそーなんです(笑)


え゛、九州の嘴軍団に?
バツマルさん、、お顔が広いお方なんですね!!!

| とり天 | 2018/06/07 10:22 PM |
おはようございます

熊野古道散策すごくいいですね!(≧∇≦)

普段バイクでしか行かないので歩いていって
またスタートへ戻るのは辛いな〜とか
思っていたんですが帰りはバス!!( ゚д゚)ハッ!
その手が!!って今気が付きました。

地元のお店の方とのふれあいも楽しそうで(*´ω`*)

登りで行くコースも、うちはスキーで膝を
怪我してから下りの長距離が辛いので
これまた参考にさせていただきます(^^)/

あっ、嘴軍団よく見るともう一方お知り合いが
やっぱり狭いですね(^^;)
| バツマル | 2018/06/07 8:20 AM |
熊野古道を逆から攻めるとはタイチョさん、さすがです。
楽しい旅行を修行に変えてしまうとは・・・。
苦しかったであろう歩きをも楽しい話にしてしまう
とり天さんの懐の広さは熊野以上ですね!
| キョクチョ | 2018/06/06 11:05 PM |
見に行けばええんやろw。
| チャーリー | 2018/06/06 12:18 PM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Tomboy Birder

+ 運まかせ ARCHIVES

+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE