<< 浦島とり天 | main | 金色の野 >>
運まかせ 第31号 宮崎版犇綵の隠れ里椎葉村TOURING! 後編

kami23.jpg

 

 

運まかせ 第31号 宮崎版犇綵の隠れ里椎葉村TOURING! 前編

 

宮崎県椎葉の中でも一番標高の高い奥地にある民宿焼畑に到着。

荷下ろしをして通されたお部屋は、まだ新しい離れの別邸です。

なんとクニ子さんの母屋の広い広いお座敷♪

 

 

kami32.jpg

 

 

すべて椎葉の木、椎葉の大工さんの手によって建てられています。

 

そこに早速原始ばばこと、クニ子さん登場!

 

並べたヘルメットを見るやいなや

 

 

「その鉄兜、かっこいいぃぃぃわぁ! かぶらせて〜!」

 

 

kami33.jpg

 

かぶって三頭身のおばば( ;∀;)

そんな衝撃的なご登場ですからー

もう一気に虜になってしまいました(≧◇≦)

 

日本で唯一本当の焼畑農業を継承されている椎葉クニ子さん。

出版されている書籍やインターネットでもすぐに知ることができるけど

椎葉の焼畑は5500年も前から続く人類の知恵が凝縮された循環農法です。

 

詳しい説明→https://www.shiibakanko.jp/history/history7

 

そのサイクルを保つには広大な森林を保有することが必要で

気が遠くなるようなプロセスが必要だけど

時代に流されずひた続けてきたことが評価されて

2015年、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町、諸塚村、椎葉村からなる

高千穂郷・椎葉山地域は世界農業遺産に認定。

 

このことは、古代原始の種を守り続けることにつながっています。

日本の原始の種、固有種ってもう本当に大切で貴重だぁ

種の歴史を調べるとびっくりする時代になってるんだよ(; ・`д・´)

 

 

kami19.jpg

 

 

夕食の前にお庭でクニ子さんから椎葉の歴史を聞く。

その話は10歳から焼畑を経験した話、椎葉の姓の歴史、平家落人の歴史、ダム建設の話、

次から次へととても94歳とは思えないお達者ぶりです。

そして小話の最後にも必ずオチがあって大笑い!

生きてきた濃い内容もすごいけど、人を飽きさせないおしゃべりの術がさらに世界中から

人々を惹きつけたんだろうと思いました。

 

 

 ↓憧れのおばばと。私44年後にこんな大笑いができる自信ないわぁぁぁ

 

kami21.jpg

 

 

隣にすわると、はい右手!

(手をつなぐときは絶対右手を出せとおっしゃる)

 

 

kami20.jpg

 

こんなにみんなを笑顔にするんです。

この笑顔は、激動の時代を生き抜いてひたむきにこの地で守り抜いてきた

質量がつまりにつまったものがドバーっ!と噴き出す感動的な笑顔だぁ!

 

そしてたくさんの気づきをいただけるそれは、容赦なく浴びせてくれる。

畳の部屋で飲み物飲んじゃだめよ(この畳もひとつひとつ職人さんに作ってもらった立派な畳干すに干せないからね)

電気こまめに消す! 鍵かけない! ノックする!

引き戸は左から右! ほらそげなことすら若いもんはー(ノ`Д´)ノ

 

 

なんか、もっと言ってほしいと思うようになる(不思議)

 

 

kami30.jpg

 

 

お夕飯は、鶴富屋敷と同じ椎葉特有の一列型平面形式で

100年の歴史ある家屋で。

 

 

kami18.jpg

 

 

 

 

お部屋の背面は開口部はなく戸棚が作り付けになっています。

 

 

kami29.jpg

 

 

タンスも。板戸の色つやが最高だ。

樹齢300年ほどの杉の1枚板だそうな。

 

 

kami28.jpg

 

kami24.jpg

 

 

 

 

今年はこの方も滞在!

 

kami85.jpg

 

 

 

もちろん、歴史的なお方も。

 

kami78.jpg

 

 

この日のエピソードもクニ子さんの茶の間によばれ、こたつに入り、

クニ子さん大好きな?「ばかうけ」せんべえをいただきながら聞き入る。

 

94歳になったいまはさすがに焼畑に出ることはなくなったけど

お客様を元気に迎えてくれます。

 

kami4.jpg

 

 

kami3.jpg

 

 

クニ子さんのことが書かれた本はもう100冊以上。

 

クニ子さん、子供は6人、孫○人。なんとひ孫は46人ほど!

しかも、全員の連絡先を覚えてる・・・ほんと、、すごい・・・

「里帰りの時は、座る場所はないんよワハハハハ!」

 

 

( ;∀;)・・・どうしてそんなに元気でいられるのかおたずねすると、

「私は肉も魚もそんなに食べん。ひえとあわがとにかく体を強くするんよ。」って。

 

 

kami27.jpg

 

 

kami17.jpg

 

 

そして自ら椎葉のヤマメを焼く。

 

 

kami26.jpg

 

 

 

 

kami25.jpg

 

 

 

そして、腹筋のいる微妙な傾斜の畳に平気ですわる。

 

 

kami16.jpg

 

 

 

ハイ! つなぐのは右手!

 

kami22.jpg

 

 

 

 

 

kami84.jpg

 

kami83.jpg

 

 

 

 

 

いよいよ、山の幸、椎葉のお料理が並びます♪

 

現在民宿は、クニ子さんの息子さん勝さんご夫婦で切盛りされています。

お手伝いには椎葉に移住してきた若者も(・∀・)

最近移住者が増えてきたらしいです。

 

最初に丁寧にお料理の説明があります。

 

 

kami13.jpg

 

ヤマメのセゴシ・地鶏のたたき・手作りコンニャク・菜豆腐・みょぅがうどわらびイタドリの酢漬け・

ムキタケ・孟宗竹。

 

 

 

kami12.jpg

 

シイタケ・栗・しその実・地大根・山セリの花などなどの天ぷら。

 

 

傍らではシイタケ焼き。

 

kami14.jpg

 

kami11.jpg

 

炭火で焼いてるけどモチモチ感が残ったまま。

これには秘密の下ごしらえがありました♪

 

 

 

そしてシイタケしゃぶしゃぶ。

 

kami10.jpg

 

 

雑穀ごはん♪

 

kami9.jpg

 

ヤマメもペロッと♪

 

 

お漬物。左の奥の黒っぽいのは紫蘇の葉を押して漬けた保存食。

 

kami8.jpg

 

 

 

デザート!? そこでとれたハチの巣そのまんま(*´▽`*)

 

kami7.jpg

 

 

 

珍味でヤマメのたまご。プチプチでおいしかった〜!

 

kami6.jpg

 

 

写真がないけど最後にわくど汁。

わくどとは、カエルのこと。

蕎麦だんごとイノシシの味噌仕立てのお汁だけど

煮る時に蕎麦だんごが上がったり沈んだりする姿がカエルに似ていることからわくど汁というんだよー

 

 

あ゛、そうそう。

これも写真にないけど、最後に小さな塊があって、

干し柿と思って口にしたら、なんとも言い難い獣の味・・・

 

塩クジラでしたΣ(・ω・ノ)ノ!

これは完璧に好き嫌いがわかれたね!

私は、ダメぢゃったわ(^▽^;)

 

kami15.jpg

 

 

もうお腹がはち切れんばかり!

ごちそうさまでしたぁぁ!

椎葉に根付く伝統料理でたくさん勉強になりました。

 

このあと、部屋で2次会かと思いきや、

全員さっさと爆睡(^0_0^)zzzz

 

 


 

 

 

 

 

 

am6:30

 

 

地域放送でスピーカーからラジオ体操が流れてきて全員起床!

 

 

 

 

kami62.jpg

 

 

 

 

テッシーさんが誕生日でミカン星人になりましたぁ!

 

kami127.jpg

 

 

 

 

ある日テッシーさんがミカン星人になってカボス城の草引きをする夢を見たので、

これで実現できるはず!

 

 

kami35.jpg

 

期待を裏切らないテッシーさんは、みんなにポングミを配ったあと、

 

 

 

そのまま旅立っていった。

 

kami36.jpg

 

 

 

お決まりのコーヒーを( ;∀;)・・・

 

kami37.jpg

 

 

 

 

 

周りの山々が高すぎて、やっと目線にも日がさしてきました。

 

 

 

kami61.jpg

 

kami31.jpg

 

椎葉家で作られた蕎麦が干されてるよ。

 

 

そして一歩外に出るとこの眺め。

 

kami60.jpg

 

 

 

なんかポツンと数軒屋だらけ。

 

 

kami59.jpg

 

 

 

 

 

kami95.jpg

 

kami94.jpg

 

 

柿も鈴生りだ。

 

 

 

 

 

ゆっくり日がのぼり、

スポットライトに照らされてゆく紅葉。

 

 

kami93.jpg

 

 

 

 

kami58.jpg

 

 

 

あんまりきれいなので

久しぶりにトリプルで見てみよう(*´▽`*)

 

 

kami97.jpg

kami98.jpg

kami99.jpg

 

 

 

 

 

kami96.jpg

 

 

 

椎葉も秋まっさかり。

 

 

そんな中でザ!日本の朝食を。

 

原始のおばばクニ子さんのピシーっとしたご挨拶。

 

 

 

kami82.jpg

 

 

 

もういろいろ、聞きたいことばかりだけど

あとは本を買って読むことにして、

お茶目なおばばとのやりとりがおかずです。

 

 

kami77.jpg

 

kami79.jpg

 

 

 

takeちゃんにむかってしきりに

「あら〜あなたさだめちゃんだわ〜さだめちゃんにそっくりだわ〜〜」

 

 

kami80.jpg

 

 

と思ったら、どうもayumiちゃんに言ってるらしいわ。

ayumiちゃん、その後しばらくみんなにサダメちゃんと呼ばれる 笑

 

 

kami81.jpg

 

 

 

朝ごはんもたっぷりいただき、またまた朝の散歩にでかけました。

 

 

 

 

玄関出ると(◎_◎;)

 

 

kami75.jpg

 

 

ノンさんが、、今年キイロスズメバチに刺された私のことを心配して

徘徊していたデカスズメバチをやっつけてくれていましたwww

 

 

あ゛!そういえば、夏に抗体の検査をしてもらったんだけど、

なんと! ほとんど抗体ができておらず、当分また刺されても大丈夫ぽい!?という結果に(; ・`д・´)・・

ワシはどんな体なんぢゃ?

(とはいえ、2度とゴメンです。)

 

 

 

kami100.jpg

 

 

さて、裏の神社の巨木は見たけど、

椎葉家の裏庭には、百選に選ばれてもいいようなでっかい杉が。

 

 

 

 

kami92.jpg

 

 

ここは、お庭ですけど。

 

庭にこんな巨樹があるなんて、

 

 

kami87.jpg

 

 

 

 

庭に・・・

 

 

 

kami89.jpg

kami90.jpg

kami91.jpg

 

 

 

 

普通、こんな木がそのへんにあったら

さっさと囲いができて看板がたって。。

 

 

kami86.jpg

 

 

でも、さわり放題のぼり放題(・o・)

 

 

kami57.jpg

 

 

 

 

 

kami74.jpg

 

kami73.jpg

 

kami72.jpg

 

 

 

 

深いな〜椎葉の山。

 

 

 

kami56.jpg

 

 

 

kami71.jpg

 

 

 

村の人が炭焼き小屋に集まってるらしいので

そちらにもおじゃましてみます。

 

 

 

kami70].jpg

 

 

kami69.jpg

 

 

途中、Daiさんが行方不明なのか私たちが行方不明なのかわかんないくらいに

歩き回る(笑)

 

 

kami54.jpg

 

 

タイチョが焼畑を覗いて

 

「ひえ〜〜(・ω・ノ)ノ!!!   アワワワワ(;´Д`)・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(;'∀')・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の上では皆さん集まって窯作りをしていました。

 

kami68.jpg

 

kami53.jpg

 

 

 

方言の看板がおもしろかった!

 

kami52.jpg

 

 

 

私も粘土こねて一角に奉納してきたぞー

これから炭作りをするそうだ。

 

kami124.jpg

 

 

ここで椎葉の伝統を継ぐ人の育成を行っています。

継いでいくって、、ほんとに大変だ。

でも、ここにはその価値がある。

 

 

kami51.jpg

 

 

もっともっと、知りたい欲がわいてきて

私にとっては(みんなを巻き込んだけどw)、いい旅となりました。

 

 

 

 

 

 

 

おばばは、最後まで鉄兜に興味が・・

 

 

kami34.jpg

 

 

 

名残惜しいけど、おばばが口にほおりこんでくれた氷砂糖をなめながら

山を下りまーす。

 

ありがとうございました!

 

 

kami40.jpg

 

 

 

 

ほんと、なんかみんな活力の漲る笑顔になってる気がする(*^▽^*)

 

 

kami76.jpg

 

 

 

 

 

では出発です。

 

また来るよぉ〜!!!!

 

 

 

 

 

 

kami123.jpg

 

 

 

 

 

 

秘密基地で、

 

 

キャリバーさんが待っている。

 

 

 

 

 

 

kami149.jpg

 

 

 

 

 

kami148.jpg

 

 

 

 

緑一色の風景からグラデーションの美しい道々を走る!

 

kami146.jpg

 

 

kami145.jpg

 

 

 

ジムニーも走る!   バイクとかわらないw

 

 

kami151.jpg

 

 

kami122.jpg

 

 

kami121.jpg

 

 

kami120.jpg

 

 

焼畑からダムまでの長い長いグネグネの途中で、

前を走るDaiさん号が落ちてた丸太に乗って、破片がこっちに飛んできたワぁぁ 笑

 

 

kami119.jpg

 

kami118.jpg

 

 

 

もう一度ダムを上から眺めようと止まったら、

とんちゃんは涙目だったw

 

バイクが恐ろしくすべったらしい(^o^)うははは

 

kami48.jpg

 

 

kami117.jpg

 

 

kami116.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなみんなを見つめてる生き物( ;∀;)

 

 

 

 

kami49.jpg

 

 

 

 

だれよ( ;∀;)

 

 

 

 

 

そしてさらに走る。

 

 

 

 

秘密基地で、キャリバーさんが待っている。

 

 

 

 

kami115.jpg

 

 

 

 

 

しかし、一つ寄り道をしなくてはならんのだ。

 

 

kami108.jpg

 

 

ノンさんがアフリカ象を納車した時のツーリングで当初行こうとしてた「仙人の棚田」。

前日に通行止めとなって行先を五木村に変更したのだけど、

どうも開通したらしい!

 

ならば、アドベンチャーならそれは見ておかないとぉぉぉ!!!!!!!!!

 

 

 

で、行くのは二人だけw

 

 

kami46.jpg

 

 

kami45.jpg

 

 

 

だって、、前もって予習となった以前お会いしたVstさんの動画みたら

私にはチビバイクでしか行けないデンジャラスルートなんですもの(^▽^;)

 

 

Daiさんいかんの? takeちゃんいかんの? な言葉が飛び交う中

勇者二人は突撃〜(*'▽')!!

 

あの景色を見せてくれー!!!!と、見送って

 

 

kami44.jpg

 

 

 

私たちはまったりと休憩をw

 

kami114.jpg

 

 

kami113.jpg

 

 

この関所の道の駅みたいなところー

食事もできるよ。ダムカレーあるよ〜♪

総工費700円!! 次回食べてみよーっと。

 

 

 

kami112.jpg

 

kami111.jpg

 

kami110.jpg

 

 

特産品もたくさん。

 

 

 

そしてここでも・・・

 

 

kami109.jpg

 

不思議なマンクゴーウォーター(; ・`д・´)

 

 

 

 

ノンさんと、テッシーさんの「仙人の棚田」アタック。

往復40分ほどだっただろうか。

 

 

戻ってきましたー!!!

 

 

kami106.jpg

 

 

 

いや〜、、絶景だったわ〜〜なテッシーさんの横で

 

 

 

 

大左衛門なノンさん。

 

 

kami104.jpg

 

 

 

kami105.jpg

 

 

あぁ゛ぁ゛ぁ、、、、、、、、

 

 

 

 

 

め、名誉の負傷・・・

 

 

 

 

これは本人のブログで(; ・`д・´)。

 

 

kami103.jpg

 

 

 

超絶景も二人しか、   知らん(爆)

 

 

 

 

とんちゃん! リベンジいくでー!

 

 

 

kami47.jpg

 

 

 

 

 

さあみんな!  秘密基地でキャリバーさんが待っている。

 

 

 

 

kami102.jpg

 

 

kami101.jpg

 

 

五ヶ瀬までの快走路で、

 

いろいろ回想しながら走る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしみんなもうピン子www

 

 

 

 

 

 

 

kami142.jpg

 

 

 

 

 

あれ!   昨日臨時休業だった肉のみやべが開いてるぉ〜!!

 

 

 

kami143.jpg

 

 

 

「はらぺこでキャリバーさんに逢うなんて失礼だよね!」

 

 

ということで、ここですんなりランチにww

 

 

 

kami152.jpg

 

 

よ、寄ったかいがあったぁぁ!

 

 

おいひぃぃぃ(*ノωノ)

 

 

 

kami140.jpg

 

 

kami141.jpg

 

↑見てよキャリバーさん、私がはやく行こうと言ってもこんなみんな( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

kami139.jpg

 

kami138.jpg

 

kami137.jpg

 

 

 

 

でも、おかげで元気な走りっぷりで秘密基地にむかう。

 

 

 

 

kami150.jpg

 

 

kami136.jpg

 

 

 

で、

 

 

高森トラップで先導に出てくれたタイチョが、

 

はやすぎる件。

 

 

kami135.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、、、やっと秘密基地にww

 

 

 

 

 

待った? www

 

 

 

 

 

 

kami133.jpg

 

 

御光がさしてるわぁ〜♪キャリバーさん久々の登場(*'▽')!

 

ゆっくりお茶をしながら楽しいおしゃべりタイム。

 

 

 

 

kami65.jpg

 

kami64.jpg

 

 

最後に写る写真には、いたりいなかったりだったけど

もはや空気のようなみんな大好きだー(笑)

 

 

 

kami41.jpg

 

 

太陽が傾いてきたので、そろそろ秘境椎葉ツーリングはおひらきです。

 

 

キャリバーさんは稲刈りして86で(≧◇≦)

むちゃくちゃかっこぇぇ!!!!

 

 

kami42.jpg

 

 

 

帰り道はとんちゃんたちだけ方面が違うのでここでお別れなんだー

 

もう寒くなるけど、次はどこであそぶかな♪

 

 

 

kami130.jpg

 

kami129.jpg

 

 

Daさんとんちゃんまたね〜(゚∀゚)!!!

 

 

 

 

 

では大分方面チームは私の先導で出発!

 

私のカメラはもう電池切れ。

 

 

 

でもタイチョカメラには、しっかり全員フレームイン♪

 

 

 

テッシーさんは途中で四国に向かって消えていかれました(*^▽^*)

お疲れ様!!!!

 

 

 

さらにトンネル抜けたら赤い由布岳を見せたくて、大爆走(≧▽≦)

 

 

 

ギリギリまにあったよぉぉ〜!

 

 

 

 

 

kami128.jpg

 

 

 

キャリバーさんも交差点から走り去り、

 

みんな無事に帰巣しました。

 

 

 

 

kami63.jpg

 

 

 

 

 

秘密基地で、梅さんにでっかい阿蘇キャベツをもらったので、

連泊のtakeayuちゃんの食事は、このあとずっとキャベツです(笑)

 

kami132.jpg

 

 

 

夜はノンさん家のあっちゃんゆーちゃんも加わって、

カボス城で大宴会となりました!

 

 

 

 

 

 

今回、九州の隠れ里椎葉村につきあってくれたみんな

ほんとにありがとう(・∀・)/

 

 

 

kami131.jpg

 

楽しかったよぉ〜(´-`).。oO

 

 

 

 

 

次の日、takeayuちゃんをディープなおんせん世界に案内します|д゚)ツヅク

 

 

 

 

 

 

| とり天娘 | V-Strom1000 | 12:05 | - | - | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Tomboy Birder

+ 運まかせ ARCHIVES

+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE